Record China

ヘッドライン:

「世界初」をうたう韓国の5G、速度は米国の半分以下?=韓国ネット反論

配信日時:2020年5月27日(水) 11時20分
拡大
26日、韓国・朝鮮日報は、韓国が「世界初の商用化」を主張する5Gの速度について報じた。写真は米ベライゾンの5G広告。

2020年5月26日、韓国・朝鮮日報は、韓国が「世界初の商用化」を主張する5Gの速度について報じた。

記事によると、英調査会社「オープンシグナル(OpenSignal)」が今年1月末から3カ月間、5Gを商用化した米国、韓国、英国、豪州の4カ国の通信会社10社を対象に、5Gサービスの平均速度(データダウンロード基準)を測定したところ、米ベライゾンが1秒当たり506.1メガビット毎秒(Mbps)で圧倒的に速いことが分かった。

2位は平均速度238.7Mbpsを記録した韓国LGユープラスで、SKテレコムとKTはそれぞれ220.6Mbps、215.0Mbpsで3位と4位につけたが、3社ともベライゾンの半分(253Mbps)以下の速度だった。

5位の豪テルストラは157Mbpsで、最下位圏の米AT&T(62.7Mbps)とTモバイル(47.0Mbps)と比べると韓国の通信会社の5Gサービスは3~5倍速かったという。

これを受け、韓国のネット上では「ワシントンの中心地以外は5Gが繋がらないけど」「米国にいるけど、高いプランにしても電波悪い時が多い。インターネットは韓国が最高」「米国は都心を離れたら4Gすらつながらないよ」と反論する声が多い。

一方で「韓国のデータ速度はめちゃくちゃ。Wi-Fiを使ってる人が多い」との声や「結局のところ、5Gはちゃんとつながりもしないのに料金だけ恐ろしく高いということ」との声も見られた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング