「日本人に間違えられて殺された中国人も」=韓国系米国人女性が「私は中国人ではない」と言わなくなった理由

Record China    2020年5月21日(木) 22時0分

拡大

21日、環球時報は、米メディアに掲載された韓国系米国人の女性による「もう自分が中国人でないことを説明するのはやめた」とする文章を紹介する記事を掲載した。写真は米ニューヨーク。

2020年5月21日、環球時報は、米メディアに掲載された韓国系米国人女性による「もう自分が中国人でないことを説明するのはやめた」とする文章を紹介した。

記事は、米紙ニューヨーク・タイムズ15日付電子版に、韓国系米国人・ホンさんの文章が掲載されたことを紹介している。アジア人の顔立ちから中国人同様に人種差別を受けた経験を持つというホンさんは、幼いころから両親に「中国人ではなく韓国人だと勇気をもって言うように」と教育され、これまでその教えを守ってきたという。

さらに、3カ月前に新型コロナウイルスの感染拡大が発生した際、訪問予定の地域で反アジア感情が高まっていることを知り、「中国人に間違われてウイルの元凶だなど非難されないように」と髪の毛をブロンドヘアに染めることを考えたとのことだ。しかし、ホンさんは結局髪の毛を染めなかった。自分のアイデアが「愚かなものだ」と感じたからだという。

文章によれば、ホンさんが考えを改めたのは、先月に中国系米国人の友人がSNS上で「一部のアパレル業者がウイルスによる混乱を商機と考え、『私はアジア人だが中国人ではない』『私は韓国人であって、中国人ではない』『私はマレーシア人であって、中国人ではない』といったTシャツを販売している」と憤慨しているのを見たからだという。

ホンさんは「長きにわたり、アジア人はこうやって他のアジア人を攻撃に晒してきた」と考え、かつて第2次世界大戦中に多くのアジア系米国人が商店などに「私は日本人ではありません」と張り紙をして日系人への差別を助長したことや、ある中国系住民が日本人と間違われて民族主義者に殺される事件があったという話を思い出したとのこと。

ホンさんは「今回の新型ウイルスの混乱で学んだ大きなことは、民族主義者に対して『私はあなたたちが攻撃対象にしている民族ではない』と説明することが、今後何かがあった時に、民族主義者に自分を差別の対象とする機会を与えるということだ」と述べている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携