日本人の8割「中国は最大の軍事脅威」=中国でも日本を脅威とみる意見が最多―華字メディア

配信日時:2013年12月17日(火) 11時14分
日本人の8割「中国は最大の軍事脅威」=中国でも日本を脅威とみる意見が最多―華字メディア
画像ID  404439
16日、日本メディアと米世論調査会社・ギャラップが合同で行った調査によると、8割近い日本人が「中国が最大の脅威」と答えている。一方、中国側の類似の調査では、日本が最大の脅威と答えた中国人が最も多かった。写真は日本の反中デモ。
2013年12月16日、日本メディアと米世論調査会社・ギャラップが合同で行った調査によると、8割近い日本人が「中国が最大の脅威」と答えている。一方、中国側の類似の調査では、日本人が最大の脅威と答えた中国人が最も多かった。米華字ニュースサイト・多維新聞が伝えた。

その他の写真

日本紙とギャラップの調査によると、「日本にとって軍事的脅威になるのはどの国か?」との質問で、78%の人が中国と答えた。日本の軍事的脅威になり得る国で中国が選ばれるのは連続で2回目。2位は74%で北朝鮮だった。韓国とロシアはそれぞれ45%、40%と後に続いた。同調査で韓国が3位に選ばれるのは初めてのこと。

中国でも類似の調査が行われており、8割近い中国ネットユーザーは「日本が最大の脅威」と回答し、「侵略の歴史のほか、軍事主義への前進が中国人の感情を傷つけている」とする意見が多かった。華字メディアの報道では、「現在の日本で中立を主張する者は売国奴と罵られ、発言を控える人が増えている。これにより過激派の政治屋は増長し、日中関係の悪循環を招いている」と指摘している。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事