Record China

ヘッドライン:

ディズニー実写版「ムーラン」でフェイ・ウォン娘も候補だった、オーディション動画を公開

配信日時:2020年5月15日(金) 13時0分
拡大
中国の女優リウ・イーフェイがヒロインの座を射止めたディズニー実写映画「ムーラン」(花木蘭)で、名を知られた人気女優や歌手もオーディションを受けていたことが分かり、ネットユーザーを驚かせている。
(1/2枚)

中国の女優リウ・イーフェイ(劉亦菲)がヒロインの座を射止めたディズニー実写映画「ムーラン」(花木蘭)で、名を知られた人気女優や歌手もオーディションを受けていたことが分かり、ネットユーザーを驚かせている。

その他の写真

7月に全米公開される「ムーラン」は、1998年のディズニーアニメ映画を実写化した作品。病気の父に代わって匈奴(きょうど)との戦いに出る男装の少女ムーラン(木蘭)の愛と活躍を描いている。

メガホンを取ったのは映画「ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」などで知られるニュージーランドの女性監督ニキ・カーロ。このほどインスタグラムで、オーディションに参加した顔触れを動画で紹介し、知っている顔を見つけたネットユーザーから驚きの声が寄せられている。

最も反響が大きかったのは、中華圏を代表する女性歌手フェイ・ウォン(王菲)の長女で、シンガーソングライターのリア・ドウ(竇靖童)。女優としての経験はないものの、アニメ版のムーランに「面差しが似ている」として、「リア・ドウのムーランも見たかった」「彼女でも悪くない人選だった」といった声が集まっている。

このほか、2017年にヒットした映画「芳華-Youth-」で人気上昇した若手女優ヤン・ツァイユー(楊采[金玉])の姿も。さらに、ドラマ「宮廷の諍(いさか)い女」で知られるようになったラン・インイン(藍盈瑩)、人気シリーズ映画「僕はチャイナタウンの名探偵」で天才ハッカーを演じるシャン・ユーシエン(尚語賢)などが確認できる。

なお、ムーラン役の人選についてニキ・カーロ監督は、アジア人であることや、英語のセリフをこなせること、アクションに対応できる身体能力、男装して兵士に化けても違和感がないこと、などといった条件を挙げていた。(Mathilda

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング