Record China

ヘッドライン:

韓国外相「プライバシーは重要だが絶対的権利ではない」、新型コロナ感染追跡への批判に反論

配信日時:2020年5月17日(日) 17時10分
拡大
14日、韓国・中央日報によると、韓国の新型コロナウイルス感染を追跡するシステムと関連し、康京和外相が「プライバシーは重要な人権だが、絶対的な権利ではない」との考えを示した。ソウル繁華街

2020年5月14日、韓国・中央日報によると、韓国の新型コロナウイルス感染を追跡するシステムについて「過度なプライバシー侵害では」との指摘に対し、康京和(カン・ギョンファ)外相は「プライバシーは重要な人権だが、絶対的な権利ではない」との考えを示した。

記事によると、康外相はドイツ国営放送の番組に出演した際にこのように述べ、「プライバシーと、危険から大衆を保護すること、どちらか選択しろというなら、答えは明白だ」とした。ただ、「プライバシーは制限されることはあっても、法という枠の中でのことであるべきで、韓国は強い法的体系を備えている」とも強調したという。

康外相は「感染者のプライバシー保護と(感染症に対する)大衆の保護の間でバランスを取らなければならない」と述べたほか、最近、梨泰院(イテウォン)のクラブで発生した集団感染をめぐり韓国内で性的少数者に対する差別問題が浮上したことについても「韓国だけでなく全ての国の問題」「韓国政府は慎重に対応している」とコメントしたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「プライバシーを軽視しているのではなく、他人に被害を与えるプライバシーは尊重されない、ということだ」「欧米のように多くの犠牲者を出してから後悔するより、今のほうがずっといい」「全面的に正しい発言だ。プライバシーの保護が、国民の命、安全より優先されるわけがない」「故意に他人の私生活をのぞいているのではなく、感染症予防のための疫学調査の中で、一部プライバシーに触れるということだが、より大きな被害を防ぐためには、しかたないことだと思う。非常時には国民の理解と自発的、積極的な協力が必要だ」など、康外相の発言に賛同する声が多く寄せられている。

その一方で、「まるで1960年代の独裁時代に戻ったみたいだ。当時も、豊かな暮らしには一部の犠牲が伴うものだと言っていた」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング