Record China

ヘッドライン:

韓国で新型コロナ集団感染、「医師・看護師ら防疫の主役が発生源のクラブに」と問題視―韓国紙

配信日時:2020年5月15日(金) 22時0分
拡大
韓国ソウルのナイトラブで発生した新型コロナウイルスの集団感染をめぐり、韓国紙は「防疫の主役であるべき医師や看護師らが発生源のクラブなどを訪れていた」と問題視した。写真は医療関係者の防衛服。

韓国ソウルの繁華街・梨泰院のナイトラブで発生した新型コロナウイルスの集団感染をめぐり、朝鮮日報は「防疫の主役であるべき医師や看護師らが発生源のクラブなどを訪れていたことが確認された」と問題視した。性的少数者が集まるクラブなどで集団感染が起きたことも事態を複雑にしている。

同紙によると、全羅北道金堤市白鴎保健支所の現役公衆保健医(33)は5日に梨泰院にあるファウンテン・クラブを訪れ、12日午前、感染が明らかになった。この医師は4月6日から19日まで大邱市で医療従事者派遣勤務をした後、5月3日まで2週間の自己隔離となり、隔離解除直後に梨泰院一帯に行った。5日に梨泰院の飲み屋、クラブ、料理店などを回り、その翌日から感染判明の前日まで患者30人を診察したことが分かった。

江原道教育庁は道内の英語ネイティブ教師・補助教師合計329人を調査した結果、6人が4月24日から5月6日までの間に梨泰院のクラブや飲食店に行っていたと12日、発表した。11日には光州市・全羅南道地域の教職員6人が4月29日から5月5日までの間に梨泰院のクラブなどを訪れていたことも明らかになった。

これらの中からは感染事例はまだ出ていないが、朝鮮日報は「感染したかどうかは別として、政府が社会的距離確保(ソーシャル・ディスタンス)を強調し、生活防疫への移行や登校授業開始を準備している時期に、多数の人々が密閉された空間に集まるクラブなどの遊興施設を訪れていたということが、不適切だと批判されている」と報道。手術室の看護師が梨泰院のアルコールを提供する飲食店に行った後、陽性となった京畿道城南市医療院の院長は11日、「医療従事者として不適切な行動で市民にご心配をおかけし、心からおわびする」と謝罪したという。

ソウルのベッドタウンでもある竜仁市は「医療機関・薬局従事者が大型ショッピングセンターや遊興飲食店など、多数の人々が利用する施設を利用した後、感染したら、損失補償や損害賠償責任を問うことができる」という見解を発表。これに対し、大韓医師協会は12日、「医師ら医療機関従事者を潜在的新型コロナウイルス感染者だと判断している」として、見解の撤回を要求した。

今回の事態について、中央日報は社説で「ポスト・コロナ時代に言及した文在寅大統領の就任3周年特別演説も多少色あせた」と指摘。「新型肺炎事態がまだ終わったわけでもないが、まるで以前の日常に戻ったかのように勘違いして油断した代価が大きい」と気の緩みを戒めた。(編集/日向)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング