Record China

ヘッドライン:

日給1万円も?日本で出前配達員をしている中国人に話を聞いたら…―中国メディア

配信日時:2020年5月14日(木) 20時40分
拡大
13日、中国版ツイッター微博で、東京の街でデリバリーをしている中国人配達員の話が紹介され、ネットユーザーの間で注目を集めた。写真は日本のデリバリーサービス。

2020年5月13日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、東京の街でデリバリーをしている中国人配達員の話が紹介され、ネットユーザーの間で注目を集めた。

中国メディア・北京時間の微博アカウント時間視頻は13日、ある中国人のネットユーザーが東京の街でデリバリーサービスの配達員数人が中国語で話をしているのを見つけたと紹介。配達員に話を聞いたところ、自身が所属しているデリバリー会社の配達員はみな中国人で、客も多くが中国人だと説明。食品以外にもコンビニエンスストアでタバコを買って届けるといった注文も受けており、1日当たり1万円ほど、1カ月で20万円稼げると明かした。北京時間は詳細を紹介した上で、「心動かされますか?」とネットユーザーに問いかけている。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出自粛が呼び掛けられている日本において盛況になってきたデリバリーサービスに多くの中国人が従事していることについて、中国のネットユーザーは「私も行きたいけれど、日本語ができないからなあ」「多くの店に中国人の店員がいるし、別に珍しいとは思わない」「もともとこのデリバリーアプリは中国人向けに作られたものなのだから、配達員が中国人でもおかしくない」といった感想を残している。その反応は、総じて冷ややかだ。

また、配達員の稼ぎについて中国のネットユーザーは「日本の物価について何の説明もない」「20万円なんて日本じゃ低収入だ」「わざわざ配達員やらなくてもコンビニでだって稼げるレベル」「中国人って、苦労して働くのが好きなんだな」などの意見が寄せられた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング