Record China

ヘッドライン:

世界一高額な治療薬、日本で1億6707万円で公的保険の適用対象になったことが話題―中国ネット

配信日時:2020年5月14日(木) 14時0分
拡大
13日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、世界一高額な難病治療薬「ゾルゲンスマ」が日本で公的保険の適用対象になったことが話題を集めている。資料写真。

2020年5月13日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、世界一高額とされる乳幼児

向けの難病治療薬「ゾルゲンスマ」が、日本で公的医療保険の適用対象になったことが話題を集めている。

日本経済新聞などの記事によると、日本の厚生労働省は今年2月下旬に米国での価格が2億円を超す超高額の難病治療薬「ゾルゲンスマ」の日本国内での製造販売を承認し、5月13日に公的医療保険での薬の価格(薬価)を1億6707万円にすると決定したという。「ゾルゲンスマ」はスイスの製薬大手「NOVARTIS(ノバルティス)」の薬で、筋力の低下を引き起こす「脊髄性筋萎縮症(SMA)」にかかった2歳未満の乳幼児に投与し、SMAの根本原因である遺伝子の機能欠損を補う「遺伝子治療薬」。SMAは出生10万人当たり2、3人が発症する難病で、発症時期が早いほど重症化しやすいという。最も症状が重い「I型SMA」の場合、生後6カ月までに発症し、9割が2歳までに死亡するか、生涯にわたり人工呼吸器が必要になるという。

1回の点滴静注で治療が完了し、高い治療効果が得られることなどから、これまで日本の保険適用対象薬で最高額だった白血病治療薬「キムリア」の3349万円を大幅に超える薬価になったが、公的医療保険では医療費の自己負担に月額上限を設ける「高額療養費制度」があるほか、子どもの医療費は多くの市区町村でほぼ全額を助成しており、患者負担は低く抑えられるという。ただ、その分保険料や税金を財源にしている医療保険からの給付が膨らむことになり、保険財政への影響も懸念されているという。

このニュースを知らせる微博のツイートに対し、他のネットユーザーからは「治せない病、あるいは治すだけの金が払えない病が多いみたいだ」「保険対象にすべきだ。高額だからといってただ手をこまねいて見ているだけなんて残酷すぎる」「(病は)人類共通の敵だ。人類みんなで一緒に支えよう」「日本の出生率は低いから、子ども一人一人をしっかり守るんだろう」「日本よりもまず自国の医療保険をしっかり監督しないといけない」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/原邦之)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング