コロナ収束したらワクチンなくても日本に行く?台湾人の回答は…―台湾メディア

Record China    2020年5月14日(木) 16時0分

拡大

台湾メディアの聯合新聞網は9日、新型コロナウイルスの流行が収束した後に日本に行くか否かが、台湾のネットユーザーの間で話題になっていると伝えた。写真は東京。

台湾メディアの聯合新聞網は9日、新型コロナウイルスの流行が収束した後に日本に行くか否かが、台湾のネットユーザーの間で話題になっていると伝えた。

記事によると、台湾の著名掲示板PTTで先日、あるユーザーが「台湾のコロナ流行は徐々に収束してきている。日本は緊急事態が宣言されてはいるものの先行きは不透明。欧米は経済への影響に対する懸念から徐々に封鎖を解除している」とし、「有効なワクチンがない状況で日本と台湾が共に封鎖を解除(外国人の入国を許可)した場合、どのくらいの時間を置いたら日本に行く勇気が出ますか」と質問した。

これに対し、他のネットユーザーからは、「台日がどちらも隔離が不要なら行く」「防疫措置を見てからだ。検疫に時間がかかるならもうちょっと待つ」「2年以内には行けるようになってるといいな」などのコメントが寄せられたという。また、「もちろん、ワクチンができるのを待ってからだ」という声がある一方で、「再開したらすぐに行く。禁止されていないのに行かない手はないでしょ。もう何カ月も海外に行ってないから鬱々としている」「一家全員で。再来年に行くかな」との声も上がったとも伝えている。

日本は台湾人に人気の観光地だ。日本政府観光局によると、昨年は延べ489万600人(前年比2.8%増)が日本を訪れ、中国、韓国に次いで3番目に多かった。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携