Record China

ヘッドライン:

韓国、消失した総選挙の投票用紙を「不正選挙」主張の議員が持っていた?=韓国ネット「経緯明らかにして」

配信日時:2020年5月14日(木) 6時50分
拡大
12日、韓国・聯合ニュースなどによると、先月行われた同国の総選挙の不正を主張する野党議員が「証拠」として公開した投票用紙は、九里市の選挙管理委員会から消失したものだと分かった。写真は韓国の投票所。

2020年5月12日、韓国・聯合ニュースなどによると、先月行われた同国の総選挙の不正を主張する野党議員が「証拠」として公開した投票用紙は、ソウル近郊の九里(クリ)市の選挙管理委員会から消失したものだと分かった。同日、中央選挙管理委員会が発表した。

最大野党「未来統合党」の閔庚旭(ミン・ギョンウク)議員は、先月15日に行われた総選挙で不正開票が行われていたと主張。11日に「投票管理官の捺印がなく、記票もされていない期日前投票用の比例代表投票用紙が大量に発見された」として、「期日前投票の投票箱から見つかった」とする投票用紙を公開した。その上で、「期日前投票では有権者が投票所を訪れるごとに投票用紙を印刷するため、余分に投票用紙があるはずがなく、私が投票用紙を確保したこと自体、不正選挙が行われたことを示す証拠だ」と主張していた。

中央選管委の関係者は、「閔議員が提示した投票用紙は、(ソウル近郊の)九里(クリ)市の選管で保管し、消失が確認された比例代表の投票用紙6枚だ」と説明。しかし、その投票用紙は閔議員の主張とは異なり、期日前投票用ではなく本投票用であることが分かったという。

記事が、選管による説明として伝えたところによると、残った投票用紙は、開票作業終了後に封印した上で各自治体の選管委で保管されるという。

選管は、閔議員側に投票用紙の入手経路を確認中で、選管関係者は「入手経路を明らかにしない場合は、法的措置も検討する」と話しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「投票用紙が消失したことは、単純なミスとして片づけられない」「投票用紙が流出した経緯を明らかにすべき」「管理体制がめちゃくちゃだ」「投票用紙の消失や盗難が可能な程度の管理体制だったということだろう」などと選管の管理体制に批判の声が上がっている。

また、「閔議員は投票用紙をどのように入手したのか明らかにすべきだ」と閔議員に詳しい説明を求めるコメントも。

そのほか、「早く捜査に乗り出すべき」「国民は何を信じて選挙に参加すればいいのか…」などといった声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング