Record China

ヘッドライン:

韓流EXO脱退のルハン、タオ、クリス、「世紀の合体」初共演に韓国ネットも注目

配信日時:2020年5月13日(水) 18時40分
拡大
韓国の人気グループEXOの華人メンバーだったルハン、タオ、クリスの初共演が韓国でも話題を呼び、多くのネットユーザーがコメントを寄せている。
(1/4枚)

韓国の人気グループEXOの華人メンバーだったルハン(鹿[日含])、タオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)、クリス(呉亦凡/ウー・イーファン)の初共演が韓国でも話題を呼び、多くのネットユーザーがコメントを寄せている。

その他の写真

今月スタートした中国のオーディション番組「創造営2020」ではもともと、ルハンとタオの出演が明らかになっていた。その後、出演メンバーだった台湾の歌手で俳優SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)が、このほど発生した不祥事が原因かは不明だが降板することに。SHOWの代わりに新たに名前が挙がったのがクリスで、10日に放送された次回予告にはクリスが登場。わずか数秒の画面ながら、元EXOの3人が並ぶ姿に、ファンから歓喜の声が上がっている。

2014~15年にかけて相次いで脱退し、中国でソロ活動を行う3人だが、EXOを離れてからの共演は今回が初めて。さらに、この合体は韓国でも注目され、「世紀の合体」「3兄弟がそろった」と喜ぶ声や、「3人の中で、中国では誰が一番売れてるの?」と関心を寄せるコメントも集まっている。

なお、「創造営2020」にはEXOと同じ事務所の女性グループ・f(x)のビクトリア(宋茜)も出演。事務所の先輩だったビクトリアとの共演も注目の話題となっている。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング