Record China

ヘッドライン:

中国のテレビ番組にまたもや韓国バラエティーのパクリ疑惑―中国メディア

配信日時:2020年5月13日(水) 10時20分
拡大
12日、環球網によると、中国の番組にまた韓国バラエティーのパクリ疑惑が浮上した。

2020年5月12日、環球網によると、中国の番組にまた韓国バラエティーのパクリ疑惑が浮上した。

韓国の国民日報によると、今月10日に放送された中国のバラエティー番組『極限挑戦』で企画された「先のとがった帽子をかぶってボールをサッカーゴールにシュートする」コーナーと「イラストを見て人や物を言い当てる」コーナーが、韓国の人気バラエティー『新西遊記』とそっくりだとの声が韓国の視聴者から上がっているという。

今回の中国による韓国バラエティーのパクリ疑惑に対して、中国のネット上では「恥だ」「今回の極限挑戦は新西遊記とまるで同じじゃない?」「見ていて気分が悪くなるぐらいだ」「極限挑戦を見たくてテンセントの会員になったが、後悔している」「(番組のコーナーぐらい)自分で考えられないのか?これまで何も勉強して来なかったのか?」「放映権を買いたくないからってパクリか?」と散々なコメントが並んだ。

1年前にも、韓国の聯合ニュースが、中国のバラエティーによる韓国番組のパクリが露骨になっていると報じ、その実例をいくつも取り上げていた。

こうした状況が見られる中で、近ごろ韓国のバラエティー番組の放映権を中国に販売するというニュースが韓国メディアの注目を集めている。聯合ニュースは、韓国のSMエンターテインメントが中国のライブプラットフォームにリアリティー番組の放映権を販売すると報じ、韓国のコンテンツ制作会社が直接中国のネットワークプラットフォームと交渉して、番組の放映権販売に至ったまれなケースとして紹介している。(翻訳・編集/高橋)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング