Record China

ヘッドライン:

元慰安婦の怒りの原因は韓国政府に?=韓国ネット「目を覚まして」「日本が反省するまでは…」

配信日時:2020年5月13日(水) 14時10分
拡大
12日、韓国・韓国日報は、旧日本軍の元慰安婦の李容洙さんが「水曜集会」を批判したことと関連し、「李さんの怒りは韓国政府の無責任な態度のせい」だと伝えた。写真は水曜集会の様子。

2020年5月12日、韓国・韓国日報は、元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが会見を行い「水曜集会」を批判したことと関連し、「李さんの怒りは韓国政府の無責任な態度のせい」だと伝えた。

大韓弁護士協会で日帝被害者人権特別委員長を務め、李さんと活動を共にしてきた崔鳳泰(チェ・ボンテ)弁護士が、同紙の電話取材で語ったという。李さんは日頃から「韓日の若者は仲良くすべき」「水曜集会は中断すべき」との考えを示しており、会見を開いた背景には「日韓間の紛争解決に向けた意志を示さない韓国政府の無責任な態度があった」と説明している。

崔弁護士は「憲法裁判所は2011年8月に『政府が元慰安婦の請求権に関する紛争を解決しようと努力しないことは違憲』だと確認した。以来、10年近く違憲の状態が続いている」「政府は請求権問題をおろそかにしている」と政府を批判。水曜集会を主催する支援団体の日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(旧韓国挺身隊問題対策協議会)についても、「政府に対し問題提起していない」と指摘したという。また「政府が個人請求権問題の解決に動けば、水曜集会は継続する理由がない」「水曜集会に対する発想の転換が必要だ」とも話したという。

また李さんは、慰安婦関連の個人請求問題について、旧韓国挺身隊問題対策協議会の尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長が解決すべきだと主張しているという。尹氏は先の国会議員総選挙で、比例代表で当選。李さんは会見で「慰安婦問題の活動を共にしてきたのに、解決もせず国会議員になってはいけない」と述べている。

水曜集会は1992年1月8日水曜日、当時の宮沢喜一首相の訪韓への抗議として始まった。95年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災当時を除き、毎週水曜日にソウル市鍾路(チョンノ)区の日本大使館前で開催され、1438回を数えた。李さんも28年間参加してきたが、7日の会見で、今後は参加しない意向を示した。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「おばあさん、目を覚まして」「年のせいで判断力が鈍っているのでは…」「おばあさんを利用している連中が悪いんだよ」「この弁護士も安倍首相の味方か?」「政府は十分よくやっていると思うけど」など、李さんに否定的なコメントが多く寄せられている。

その他、「おばあさん、こんな会見は間違っている。一番喜ぶ勢力は誰だと思いますか?団体に不満があったなら、話し合いで解決しないと」「李さんに敬意は示すけれど、長年の水曜集会はあなたの占有物ではない。集会は日本が反省するまで続けなければならない」「非難も何も言いたくない。ただもう、慰安婦問題に関心を寄せるのはやめるよ。日本のカネをおばあさんたちに渡せばいい。好きなようにやるだろう」などの声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング