Record China

ヘッドライン:

ASEAN取り込み中国包囲網の構築を目指す日本、成功するはずがないと中国紙―台湾メディア

配信日時:2013年12月14日(土) 18時4分
拡大
13日、台湾・中央通訊社は日本・ASEAN特別首脳会議を取り上げた。中国包囲網の構築を目指す日本だが、中国メディアは思い通りに進むはずがないと冷ややかにみている。写真は中国空軍の演習。
(1/2枚)

2013年12月13日、台湾・中央通訊社は日本・ASEAN特別首脳会議を取り上げた。

その他の写真

13日から15日にかけ、東京で日本・ASEAN特別首脳会議が開催される。中国はこの会議に招かれていないが、しかしその存在感は大きい。日本メディアによると、日本政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の支持を得て、中国包囲網の形成を画策しているという。

ある日本の官僚は「自由市場、民主主義、人権こそ世界の主流だと認識させなければならない。これこそが未来であり、日本・ASEAN特別首脳会議で発信するシグナルだと語っている。

もっとも中国メディアは日本の思い通りには事は運ばないと分析している。環球時報は中国社会科学院日本研究書の高洪(ガオ・ホン)副所長のコメントを掲載。東シナ海防空識別圏問題において、米国ですら日本の希望通り動いてはくれなかったとし、中国と関係が深いASEAN諸国が日本の思い通りになるはずがないと指摘している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング