Record China

ヘッドライン:

スマホ販売でサムスンがアップルやシャオミに敗北=韓国ネット「国産を使おう」「現実は…」

配信日時:2020年5月12日(火) 11時40分
拡大
11日、韓国・ソウル経済は、今年1~3月期の世界のスマートフォン販売数で、サムスンが米アップルと中国大手シャオミに負けたと報じた。写真は中国のシャオミ販売店。

2020年5月11日、韓国・ソウル経済は、今年1~3月期の世界のスマートフォン販売数で、韓国のサムスンが米アップルと中国大手シャオミ(Xiaomi、小米科技)に負けたと報じた。

記事によると、今年1~3月期に世界で最も売れたスマホはアップルの「iPhone11」(1800万台)で、2位はシャオミの「Redmi note 8&8T」(800万台)。サムスン電子の「Galaxy(ギャラクシー)A51」が600万台で3位、「Galaxy A10s」が500万台で4位と続いた。

サムスン電子は、「Galaxy A20s」(400万台)が7位、「Galaxy A01」(300万台)」が8位に入っているものの、今年3月に発売した「Galaxy S20」シリーズはベスト10入りを逃したという。記事は「発売の時期的に、販売数の反映は4~6月期になる見込み」だとしているが、新型コロナウイルスによる景気低迷の影響で、販売数は前作「Galaxy S10」シリーズの7~8割水準にとどまる見通しだとも伝えている。

アップルは昨年下半期に発売の「iPhone 11 Pro Max」(400万台)「iPhone 11 Pro」(300万台)が6位と10位で、「iPhone 11」シリーズ全てがベスト10入り。シャオミは「Redmi note 8 Pro」(500万台)が5位、「Redmi 8A」(300万台)が9位で、3製品が入っている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「頑張れサムスン」「サムスンを支持します」「国産のスマホを使うべき」などの声も寄せられているものの、「サムスンが負けた?。もともとトップ10に最新シリーズは入ってなく、安価なAシリーズばかりが布陣している。安価なスマホを大量に売って世界1位を固守してるけど、利益率はアップルの3分の1にも満たないよ。これが現実だ」「安いスマホをたくさん売ってるから販売数基準で1位にはなれたけど、プレミアムラインは世界のトップ10に入れない。前からそうなのに、何を今さら」「正直、外国人はサムスンもシャオミも同じだと思っているよ」「iPhoneSE2のおかげで、さらに押されるね」などのコメントが多数となっている。(翻訳・編集/麻江)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング