Record China

ヘッドライン:

「恐ろしい、西側の歴史改ざんはここまできた」と中国メディア

配信日時:2020年5月12日(火) 16時30分
拡大
10日、環球時報は、旧ソ連の第2次世界大戦での立場を巡り「恐ろしい、西側の歴史改ざんがすでにここまできている」とする記事を掲載した。

2020年5月10日、環球時報は、旧ソ連の第2次世界大戦での立場を巡り「恐ろしい、西側の歴史改ざんがすでにここまできている」とする記事を掲載した。

記事は、ロシアの反ファシズム戦勝75周年記念日にあたった今月9日に、モスクワ在住のアマチュアペインターが第2次世界大戦末期の1945年5月2日にソ連兵がドイツ国会議事堂にソ連国旗を掲げたいわゆる「ライヒスタークの赤旗」のモノクロ写真に着色した画像をフェイスブックにアップしたところ、この画像が規定違反と判断されて3日間のアカウント停止処分を受けたと紹介。ロシア・トゥデイの報道として、この画像が「危険な人物や組織に関するコンテンツを含んでいた」との理由でシステムに「封殺」されたと伝えるとともに、フェイスブック側は何のコメントも出していないとした。

また、米ホワイトハウスのツイッターアカウントが8日に第2次世界大戦勝利を記念するツイートを発した際にもソ連の貢献には触れずに「米国と英国はナチスドイツに対する勝利をもぎ取った」としたことを併せて紹介。このツイートに対して多くのネットユーザーが「ライヒスタークの赤旗」を引用したうえで「米英はベルリン攻防戦に参加していないではないか」と揶揄(やゆ)したと伝えた。

さらに、1月末には米国の駐デンマーク大使館が実際にはソ連軍が解放したアウシュビッツ強制収容所について「米兵が解放した」と述べ、「米国は歴史を偽って自らを英雄として描こうとしている」との批判が出たことを紹介している。

記事は一方で、ロシアのラブロフ外相が昨年6月、「西側が歴史に対する虚偽の解釈を宣伝し、第2次大戦におけるソ連の貢献を抹殺しようとしている」と述べるなど、一連の流れに対してロシア政府が反発する姿勢を見せていることを伝えた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

深くお辞儀をして出ていった日本兵、後から届いたガソリン=「戦争って何だったの?」―中国人学生

「一衣帯水の国」と言われる日本と中国は、似ているようで異なる部分も大きい。今日まで緊張が続く日中関係について、北京語言大学の王健蕾さんは違いを受け入れつつ、近いことの「縁」を大事にすべきだと訴えている。写真は中国人民抗日戦争記念館。

日本僑報社
2015年6月23日 17時3分
続きを読む

ランキング