Record China

ヘッドライン:

「中国は核弾頭の数を1000以上に引き上げるべき」中国紙編集長の発言は何を意味するか―米華字メディア

配信日時:2020年5月11日(月) 13時50分
拡大
10日、米華字メディア・多維新聞は、中国が核兵器の削減を提唱する中で「核弾頭を1000発以上持つべきだ」と発言した胡錫進・環球時報編集長の意図について分析する記事を掲載した。

2020年5月10日、米華字メディア・多維新聞は、中国が核兵器の削減を提唱する中で「核弾頭を1000発以上持つべきだ」と発言した中国紙・環球時報の胡錫進(フー・シージン)編集長の意図について分析する記事を掲載した。

記事は、米ロ両国による新戦略兵器削減条約の継続協議が膠着する中、胡編集長が今月8日から2日連続で「中国は現役の核弾頭を米ロに匹敵する1000発以上の水準に引き上げるべきだ」と呼び掛ける文章を発表するとともに、近頃の言論の中で「中国がすでに米国をライバルの筆頭として策を練る中、わが国がまだ数年前、十数年前における米国の核の脅威に関する定義を持ち出して現在の争いを指導するとしたら、それは中華民族にとって大いなる悲哀だ」と述べたことを紹介。「このような前衛的な構想は中国政府が掲げる『核兵器の数的優位を追求しない』という誓約と異なるものとして西側世界に衝撃を与えた」とした。

そして、8日の外交部記者会見で華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がこの件について質問された際に、「胡氏自身に現在の国際問題に対する視点を聞いてみたらどうか」と提案したことに言及。華報道官の回答は基本的に、これまでの核軍縮を目指す中国政府の姿勢を踏襲したものの、その歯切れは悪かったとし、「胡氏の言論を完全否定せず、むしろその見方の合理性をある程度評価する理由が何かあるのではないか、との憶測をかき立てるものだった」と評している。

そのうえで、新戦略兵器削減条約の継続協議を含めて米政府が核兵器の削減に積極的でない背景として、「中国の存在が気がかり」という点があると分析。これまで米国が核の不拡散や削減を受け入れてきた理由が「中国はいまだ潜在的な軍事競争相手になり得ず、ロシアと軍事的平衡を保っていればいい」ということならば、現在米国がこれらの「縛り」から抜け出そうとする動きを見せているのは「主な軍事競争相手がロシアから中国へと変わり、ロシアとのバランスを保つ必要がなくなった」との認識によるものだとの見方を示した。

記事は、「胡氏による『中国は大国のパワーバランスゲームに参加せよ』と呼び掛けた裏には、米国に中国の実力を意識させ、米国が持つ中国に対する心理的な優越感を捨てさせ、中国による戦略的拡張への阻害を諦めさせようという狙いがある」と判断。「実際、胡氏の論理はそんなに難しいものではないのだ。平和というものは、パワーバランスによってもたらされるものなのだから」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング