Record China

ヘッドライン:

日本が宇宙作戦隊の発足を宣言、中国ネット「ウルトラマン!」、一方で危機感も

配信日時:2020年5月11日(月) 15時50分
拡大
10日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、日本政府が「宇宙作戦隊」の発足を宣言したことを報じた。

2020年5月10日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、日本政府が今月18日に「宇宙作戦隊」を発足させることを宣言したと報じた。

同アカウントは、日本の防衛省が8日に「宇宙作戦隊」の発足を宣言したと紹介。その使命について、河野太郎防衛相が「宇宙空間を安定的に利用するための活動を行う」と述べたことを伝えるとともに、米宇宙部隊と協力して衛星の監視を行ったり、宇宙ごみの処理を行うと説明した。また、初期の隊員は約20人で構成されるとしている。

日本で結成される「宇宙作戦隊」について、中国のネットユーザーは「通称ウルトラマン戦隊だな」「ウルトラマンがまた地球に戻ってくるぞ」「メンバーの中にウルトラマンがいるかもしれない」「アニメの見過ぎではなかろうか」「かすかべ防衛隊ではないのか」「怪獣をやっつけるのかと思った」といった感想を残している。

一方で、「目的が別の所にあるのではないか」「羊頭狗肉(見かけと実際が一致しない)だ」「その通り。目的は中国の宇宙発展計画への対抗だ」「日本はすでに小さな星から鉱物を採掘することにチャレンジしている。われわれも後れをとってはいけない」など危機感を示すユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング