韓国の出生率は2年連続で世界最下位、国連の報告書が公表=韓国ネットユーザーも現状を悲観

Record China    2021年4月16日(金) 8時20分

拡大

国連が新たに発行した報告書により、韓国の少子高齢化問題が深刻であることが明らかになった。写真はソウル市内。

国連が新たに発行した報告書により、韓国の少子高齢化問題が深刻であることが明らかになった。14日、韓国・聯合ニュースが伝えた。

記事によると、国連人口基金(UNFPA)は現地時間14日、世界の人口に関する報告書「私の体は私のもの」(My Body Is My Own)を発行。掲載された統計を分析した結果、韓国の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの数の平均)は2020年と同じ1.1人で、198カ国のうち最下位であることが分かった。2019年の数値は1.3人で192位だったが、2020年から2年連続で最下位を記録している。

また、全人口のうち0~14歳が占める割合についても、韓国は12.3%で、日本と共に最下位となった。これは1位のニジェール共和国(49.5%)の約4分の1で、世界平均(25.3%)の半分にも満たない水準だという。

一方で、65歳以上の人口が占める割合は16.6%となり、2020年の15.8%から0.8ポイント増加。世界平均の9.6%を大きく上回り、198カ国のうち42位となった。この項目の1位は日本(28.7%)で、2位はイタリア(23.6%)、3位はポルトガル(23.1%)だという。

平均寿命については、韓国の女性は86歳、男性は80歳で、それぞれ4位と19位だった。女性の1位は日本と香港(88歳)で、男性の1位は日本、豪州、香港、マカオ、アイスランド、イスラエル、イタリア、シンガポール、スイス(82歳)となっている。

今回報告書に掲載された統計表は、人口保険調査(DHS)や国連児童基金の複数指標クラスター調査(MICS)、国連推計資料などを基に作成したもので、韓国政府による公式統計データとは多少の差があるという。

また、今年の報告書は「身体的インテグリティー」(bodily autonomy)をテーマにしており、各国の女性が自らの意思で自身の体に関する決定権を行使できるかどうかが主な調査内容だった。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「国がこんな状態なのに、結婚をして子どもを産もうと思えるか?」「動物も危険や不安の多い環境では子どもを産まない。人間も動物だ」「こんなに狭い家で2人も子どもを産んで暮らせると?」「はっきり言って、お金がなければ子どもを育てられない社会になっている」「女性に触れただけでセクハラと責められるのだから、出生率はますます下がるだろうな」など、現状への不満の声が相次いでいる。

また、「イスラエルの出生率は3.0らしいが、秘訣は女性の徴兵制にある。子どもを産めば兵役免除だから」「30歳を過ぎても子どもを産まない女性は、軍隊で炊事を担当すればいい」など、女性の徴兵制と結びつけるコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携