Record China

ヘッドライン:

トランプ氏「露中に勝る超一流ミサイル開発中」、露宇宙企業トップ「なら仕方ない。降参だ」

配信日時:2020年5月18日(月) 12時30分
拡大
ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのトップ、ドミトリー・ロゴジン氏は、米国はロシアや中国の極超音速ミサイルに勝る超一流のミサイルを開発中だと豪語したトランプ米大統領に対し、皮肉交じりの答えを返した。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は17日、ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのトップ、ドミトリー・ロゴジン氏が16日、米国はロシアや中国の極超音速ミサイルに勝る超一流のミサイル(super duper missile)を開発中だと豪語したトランプ米大統領に対し、皮肉交じりの答えを返したと報じた。

環球時報がロシアメディア・RTの報道を引用して伝えたところによると、トランプ氏は15日、ホワイトハウスの大統領執務室で行われた米宇宙軍の旗の披露式で、「米国は超一流のミサイルを開発中だ。米国の既存の最速ミサイルに比べ17倍速いと聞いた」などとし、その速度はロシアや中国の極超音速ミサイルに勝ると豪語した。

これについて、ロゴジン氏はツイッターへの投稿で、「なら仕方ない。私たちには超一流ミサイルに対抗するものは何もない。降参だ」とつづったという。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング