Record China

ヘッドライン:

10年ぶりの南北「物々交換」に韓国ネットは不満?韓国からは砂糖、北朝鮮からは…

配信日時:2020年8月6日(木) 19時0分
拡大
6日、韓国・SBSは「10年ぶりに韓国と北朝鮮の間での交易が実現する」と報じた。写真は北朝鮮の平壌ビール。

2020年8月6日、韓国・SBSは「10年ぶりに韓国と北朝鮮の間での交易が実現する」と報じた。

記事によると、南北経総統一農事協同組合のパク・チョンピル副会長は、6月末に北朝鮮の開城高麗人参貿易会社などとツルニンジン酒や柳京焼酎など北朝鮮の酒35種、1億5000万ウォン(約1340万円)相当を韓国に搬入する契約を結んだと発表した。実現には統一部の最終承認が必要となるが、同部当局者は「手続き上の要件さえ満たしていれば搬入を承認する」との方針を示しているという。

北朝鮮の酒は中国を経由して韓国に搬入され、国連の制裁を考慮して現金の代わりに韓国の砂糖167トンと交換される予定だという。

パク副会長は、記者からの「砂糖と物々交換すると伝えたときに北朝鮮は拒否反応を示さなかったか」との質問に対し「それはなかった。品物の内容については十分に協議した」と話したという。

10年前に天安沈没事件を受けて韓国政府が対北朝鮮制裁を発表した後、対価を渡す交易形式で北朝鮮の物資が韓国に搬入されるのは初めてのこと。今年5月に韓国政府が「制裁の実効性は失われた」と発表したことが契約締結に影響を与えたとされている。

これに韓国のネットユーザーからは「いいね。小さい交流から初めて徐々に範囲を拡大すれば自然と統一も実現する」「交流の力で南北に平和をもたらそう」「歓迎する。もっとたくさんの品物が入ってきてほしい。そのうち民間人も行き来できるようになるかな」など喜ぶ声が上がっている。

一方で「韓国に北朝鮮の酒が必要なの?砂糖はなくてはならないものだけど…。後で砂糖の価格が上がりそう。これは交流ではなく、ただ北朝鮮に何かを与えたいだけ」「南北連絡事務所を爆破した北朝鮮に損害賠償を請求するどころか、砂糖を送ってあげるなんて」「砂糖167トンなら2億5050万ウォン相当。韓国が1億ウォン以上損することになる」など否定的な反応も数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング