Record China

ヘッドライン:

「中国には祝福、韓国には非難」北朝鮮の狙いは?―韓国メディア

配信日時:2020年5月12日(火) 0時20分
拡大
8日、韓国・ニュース1は「中国には『祝福』、韓国の訓練には『非難』…北朝鮮の金正恩委員長の内心は」と題する記事を掲載した。写真は北朝鮮。

2020年5月8日、韓国・ニュース1は「中国には『祝福』、韓国の訓練には『非難』…北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)委員長の内心は」と題する記事を掲載した。

記事によると、8日付の北朝鮮の労働新聞は1面で金委員長が中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席に口頭親書を送ったことを伝え、中国の新型コロナウイルスへの対応を高く評価した。ただ、その口頭親書がいつ、どのような経路で伝えられたかは不明だという。

金委員長は今年2月1日(報道日付基準)、中国での新型コロナウイルス感染流行を受け、習主席に慰問書簡を送り労働党中央委員会名義で中国共産党に支援金を送った。

北朝鮮が3カ月ぶりに中国との「親書外交」を再開した理由として、記事は「コロナ感染拡大によって中断された中朝貿易の活路を見いだすこと、特に北朝鮮は平壌総合病院の建設や保健関連予算の増額など保健分野に力を入れているため、これに関連した中朝交流を念頭に置いた可能性がある」と指摘している。また「米朝対話が途絶え米中間のコロナ論争が経済戦争に拡大する状況の中、中国を支援して経済協力を強化することで、米朝対話で交渉力を引き上げたい考え」との分析もあるという。

一方、8日付の3面は、北朝鮮人民武力省報道官の談話として、今月6日に韓国空軍空中戦闘司令部が海軍第2艦隊とともに西海上空作戦区域で実施した防衛訓練について「軍事対決の極み」と報じた。さらに「地上と海上、空中で相手に対する一切の敵対行為を禁止し、特に西海一帯を平和水域にすることについて全民族の前で約束した南北軍事合意に対する全面的な逆行であり、露骨な裏切り行為」と非難した。今回の談話は、今月3日に北朝鮮が韓国軍監視警戒所(GP)を銃撃した事件以降初めて出されたもので、銃撃については「無回答」で一貫しているという。

これに関し一部の専門家は「対話の信号を送った」と分析しているという。また「コロナによる封鎖以降中断している開城南北共同連絡事務所の再稼動とともに、防疫協力、個別観光など協力できる部分を南北が議論する時だ」との見方も出ているという。

これを受け、韓国のネット上では「金正恩は心では韓国は北朝鮮より下だとバカにしてる」「文大統領のことを下に見ている」「お金をたくさんあげたらあいさつぐらいしてくれるようになるかもよ」「文大統領の片思い」「文大統領は北朝鮮には寛大、日本には強気なのにね(笑)」など皮肉たっぷりのコメントが続々と寄せられている。

また「金正恩委員長が政権を維持するためには親中、反米、反韓を取らなきゃならない。文政権には適度に蜜を吸わせる政策を維持するだろう」「中国は顔色をうかがわなきゃならない対象で、韓国は顔色をうかがってほしい対象」と分析する声や、「絶対に北朝鮮は変わらない。期待するのはやめて」「やっぱり北朝鮮は敵。改めて気付かせてくれた」と南北の隔たりを再確認する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

金正恩氏の謎の失踪、3つの可能性―米誌

29日、仏国際放送局RFIは、北朝鮮の最高指導者・金正恩氏が長きにわたり公式の場に姿を見せていないことについて、考えられる3つの可能性について論じる記事を掲載した。写真は金正恩氏。

Record China
2020年4月30日 18時40分
続きを読む

ランキング