フランス東部の病院、最初の症例は昨年11月に特定

CRI online    2020年5月8日(金) 15時50分

拡大

現地時間7日、フランス東部に位置するコルマール市のアルバートシュバイツァー病院は、当病院医学画像部は去年11月1日から今年4月30日まで撮影したすべての胸部画像2456枚を新たに調べ直したところ、典型的な新型コロナウイルス感染症の症状が見られた症例は去年11月16日に遡ることが...

現地時間7日、フランス東部に位置するコルマール市のアルバートシュバイツァー病院は、当病院医学画像部は去年11月1日から今年4月30日まで撮影したすべての胸部画像2456枚を新たに調べ直したところ、典型的な新型コロナウイルス感染症の症状が見られた症例は去年11月16日に遡ることができるとし、類似症例は2月末までに緩やかな伸びをしていたものの、その後急上昇して3月31日にピークに達したと発表しました。

 アルバートシュバイツァー病院が位置する東部は、フランスで新型コロナウイルス感染症の集団感染が最も早く発生し、感染が最も深刻なエリアの一つです。これまで、当局が発表した最初の症例は2月27日に確認したものだったということです。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携