Record China

ヘッドライン:

新型コロナの発生源めぐりWHOが中国に調査チーム再派遣へ、中国は反対しないのか

配信日時:2020年5月8日(金) 18時20分
拡大
7日、中国外交部の華春報道官は、新型コロナウイルス発生源を調査するためにWHOが中国訪問を望んでいることについてコメントした。写真は武漢。

2020年5月7日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、新型コロナウイルス発生源を調査するためにWHO(世界保健機関)が中国訪問を望んでいることについてコメントした。

華報道官は7日に行われた同部の定例記者会見で、日本メディアの記者から「WHOが新型ウイルス発生源の調査をするために専門家からなる代表団を中国に再派遣しようとしているが、中国政府としてどう考えるか」との質問を受けた。

この質問に対し華報道官は「問題の遡及は科学的な問題であり、科学者や専門家にゆだねて十分な科学的論証の下で判断してもらう必要がある。わが国はWHOと密接かつ良好な意思疎通を保ち続けてきた。引き続きWHOに協力し、ともに新型ウイルスに対処していく」とコメントした。

また、インドメディアの記者から「国連常駐の中国政府関係者や華報道官の態度から、中国としてはWHOの調査に原則として反対していないとの認識でよいのか」と質問されると、「わが国はこれまでWHOの作業に反対すると言ったことはなく、支持し続けている。われわれは引き続きオープンで透明な、責任ある態度にてWHOと協力していく」と述べるとともに、「わが国が反対しているのは、米国など一部の国がウイルスの遡及調査を政治化しようと企てていることだ」と語った。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米仏初の新型コロナ感染症例 去年下半期に前倒し WHO「新型肺炎の認識に変化」

このほど、多くの研究により多数の国で、新型コロナ肺炎の感染が最初に発見された時間が繰り上げられることが分かってきました。世界保健機関(WHO)は、早期症例の精査を呼びかけています。去年年末からウイルスが広範囲で蔓延 米CNNテレビは5日、英国研究員が世界の7600名の感染者から...

CRI online
2020年5月7日 16時50分
続きを読む

1年前に原因不明の致命的呼吸疾患発生=米国メディア

最近、多くの国の研究結果によって、新型コロナ肺炎の感染例が発見された初期の時間が繰り上げられたことを受け、世界保健機関(WHO)は、初期の感染例を再調査するよう呼びかけました。 米国のバージニア州で、昨年7月、原因不明の致命的な呼吸疾患が発生したことに再び注目が集まっています。...

CRI online
2020年5月7日 13時30分
続きを読む

米専門家がウイルスの研究所流出説を否定=米誌

米誌『ナショナルジオグラフィック』はこのほど、「ファウチ:新型コロナウイルスが中国の研究所から流出したといういかなる証拠も無い」と題する文章を発表しました。 米国の感染症の権威である、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長はインタビューの中で、新型...

CRI online
2020年5月6日 18時0分
続きを読む

「新型コロナは自然由来のもの」 遺伝子配列研究が根拠に=WHO

WHO緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏 世界保健機関(WHO)は現地時間4日、新型コロナウイルス肺炎に関する記者会見を開き、米国のトランプ大統領およびポンペオ国務長官が唱える新型肺炎の「武漢研究所起源説」について否定しました。 WHOの新興感染症対策部門でテクニカルチー...

CRI online
2020年5月5日 12時40分
続きを読む

ランキング