Record China

ヘッドライン:

甘粛省 ジンバブエに防疫物資寄贈

配信日時:2020年5月7日(木) 12時50分
拡大
甘粛省が寄贈した防護物資 甘粛省は2004年に、ジンバブエの西マショナランド州と友好関係を結びました。長年、両地区の友好協力が絶えず深まり、各分野での協力は豊かな成果を収めています。当面、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、甘粛省は西マショナランド州に援助の手を差し伸べ、1万2...
(1/3枚)

甘粛省が寄贈した防護物資

その他の写真

 甘粛省は2004年に、ジンバブエの西マショナランド州と友好関係を結びました。長年、両地区の友好協力が絶えず深まり、各分野での協力は豊かな成果を収めています。当面、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、甘粛省は西マショナランド州に援助の手を差し伸べ、1万2000枚の医療外科マスク、2000枚のKN95マスク、1000枚のN95マスク、1000セットの防護服を含む防護物資を寄贈しました。

物資の引き渡し式で挨拶するメアリー・ムリスワ州知事

 5日の物資引き渡し式で、メアリー・ムリスワ州知事は「西マショナランド州の防護物資は非常に不足しており、甘粛省が寄贈した物資はまるで雪中に炭を送ることのようだ。新型コロナウイルス感染症が突然発生し、我々は虚をつかれて対応できない。ところが、中国は終始我々と肩を並べ、ジンバブエの感染抑制を援助してくれた。これは、両国の友情が非常に堅固で破壊できないものであるということを示している。我々は中国政府に感謝したい」と述べました。

物資の引き渡し式で挨拶する郭少春大使

 郭少春ジンバブエ駐在中国大使は、「新型コロナウイルス感染症が発生して以来、両国の人民が互いに支持し合い、実務協力を絶えず深めてきた。ジンバブエで感染が確認されて以来、中国政府や民間が迅速に行動し、医療物資を寄贈することや、隔離病院の質の向上や改造など実際の行動でジンバブエの対応能力の向上に協力している」と強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

遺伝子配列から新型コロナウイルスは自然界由来=英専門家

英国レディング大学(University of Reading)ウイルス学のイアン・ジョーンズ(Ian Jones)教授は、新型コロナウイルスが武漢ウイルス研究所から由来する可能性がないことを表明しました。ジョーンズ教授によりますと、遺伝子配列から、新型コロナウィルスは動物のウ...

CRI online
2020年5月7日 12時35分
続きを読む

【観察眼】コロナ後初の大型連休、ウイルスと共存する社会づくりの模索

中国が新型コロナウイルスの封じ込めにほぼ成功してから初めての連休が無事終わった。観光業、小売業、外食産業は感染対策を徹底しつつも売上げを伸ばすなど、ウイルスと共存する社会づくりに向けて有意義な模索が行われた。 文化旅遊部の発表では、1日から5日までのメーデー連休期間に全国の観光...

CRI online
2020年5月7日 9時25分
続きを読む

【CRI時評】米国の政治家は、世界をいつまでだますつもりなのか

「私は、自分が新型コロナウイルスに感染したのではないかと疑っていた。しかし一方で、米国での最初の感染事例は1月になってから発見されたと聞かされていた。とは言っても、私はインフルエンザになったこともあるが、あんなにひどい症状は初めてだった。私は、自分が間もなく死んでしまうのではな...

CRI online
2020年5月6日 23時50分
続きを読む

【CRI時評】1億1500万人の「メーデー観光」が経済の回復を牽引する

5月1日から5日までの「メーデー連休」には、中国国内で延べ1億1500万人が観光に繰り出した。新型コロナウイルス感染症が効果的に抑制されてから初めての連休が到来したことで、1億人以上の中国人が「旅行モード」となり、中国国内の観光市場は感染症発生以来はじめての、旅行ピークを迎える...

CRI online
2020年5月6日 20時5分
続きを読む

米専門家がウイルスの研究所流出説を否定=米誌

米誌『ナショナルジオグラフィック』はこのほど、「ファウチ:新型コロナウイルスが中国の研究所から流出したといういかなる証拠も無い」と題する文章を発表しました。 米国の感染症の権威である、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長はインタビューの中で、新型...

CRI online
2020年5月6日 18時0分
続きを読む

ランキング