Record China

ヘッドライン:

日本のデザイナー、相手が「台湾」と聞いて…=映画関係者が明かした秘話に台湾人感動!

配信日時:2020年5月7日(木) 12時0分
拡大
台湾の映画配給会社のディレクターが5日、自身のフェイスブックで日本との「感動秘話」を明かした。

台湾の映画配給会社・海鵬電影のディレクター・姚経玉(ヤオ・ジンユー)氏が5日、自身のフェイスブックで日本との「感動秘話」を明かした。

姚氏は、「映画を配給していると、時々感動的な出来事に出会う。『カットオフ』(ドイツ映画)のドイツ版のポスターがあまり良くなかったため方々を探していたところ、最終的に日本版のポスターに行き当たった。しかし、日本の配給会社から提示された使用料はかなりの高額(日本のデザイン料はとても高い)。数回の値下げ交渉も思うように進まない中、それでも買おうとしていた時、突然、驚くべき知らせが舞い込んだ。日本のデザイナーが『台湾』と聞いて、何も言わずに『無料』にしてくれたのだ!」と事の経緯をつづった。

姚氏の投稿には台湾のネットユーザーから、「よかったね」「すごく感動した」「台湾と日本は家族」「台日友好!」といったコメントが相次いだ。また、「台湾の顔はこんなに広いのか」「(日本版は)すごく良いデザインだね」「ドイツ版はありきたり」などの声が寄せられている。

6日付でこの投稿を伝えた台湾メディアの三立新聞網は、「日本での新型コロナウイルス流行を受け、台湾は先日200万枚のマスクを贈った。多くの日本のネットユーザーが非常に感動し、国際的に台湾を応援する『台日友好』が続く中、この温かい気持ちが映画界にも“延焼”している」と評した。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング