Record China

ヘッドライン:

【動画】寝たきりの母親を生きたまま墓に入れた男に中国ネットも怒り爆発「人間のすることか?」「これは殺人」

配信日時:2020年5月7日(木) 22時40分
拡大
6日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、寝たきりの母親を生きたまま墓に入れた男が警察に拘留されたと伝えた。

2020年5月6日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、寝たきりの母親を生きたまま墓に入れた男が警察に拘留されたと伝えた。

記事によると、2日午後8時頃、中国陜西省楡林市靖辺県で、馬(マー)という男が寝たきりの母親(79歳)をリヤカーに乗せて外出。翌午前2時頃に1人で帰ってきたため家族が男に「母親はどうしたのか」と尋ねたところ、「親戚の家に行くため(甘粛省の)慶陽市行きのバスに乗せた」と答えたという。家族はすぐにバスターミナルへ行って探したが見当たらず、午前4時頃に男は家族の視線から逃れるように1人で家を離れたという。

その後、5日午前に警察が男を発見。取り調べの結果、男は母親を製油所の後ろにある林の中で廃棄された墓地を見つけ、母親をその中に入れてきたと供述した。そこで警察はその場所へ駆けつけ、墓から男の母親を救出。その後病院へ搬送したが、幸い命に別状はなかったという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「これって人間がすることか?」「これは故意の殺人」「寝たきりの母親の心はきっとボロボロだろう」「なんといっていいか分からない。実の母親なのに」「なんてかわいそうな母親」など、非難のコメントが多く寄せられた。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中学校のグラウンドの下から失踪した教師の遺体、なぜ16年間も発覚しなかった?―中国メディア

中国湖南省懐化市新晃トン族自治県で、中学校のグラウンドの手抜き工事を指摘した教師が失踪し、16年後にそのグラウンドの下から遺体で発見された事件について、中国メディアの環球時報は23日、「事態に進展があった」と伝えた。

Record China
2019年6月24日 14時50分
続きを読む

ランキング