Record China

ヘッドライン:

初公開から33年、修復版でよみがえる映画「ラストエンペラー」、撮影当時のエピソードも話題に

配信日時:2020年5月7日(木) 20時40分
拡大
台湾で今月15日からデジタル復元版が公開される1987年の映画「ラストエンペラー」について、30年以上前の撮影当時、初めて尽くしだったさまざまなエピソードが話題を集めている。
(1/2枚)

台湾で今月15日からデジタル復元版が公開される1987年の映画「ラストエンペラー」について、30年以上前の撮影当時、初めて尽くしだったさまざまなエピソードが話題を集めている。

その他の写真

ベルナルド・ベルトルッチが監督と脚本を担当した映画「ラストエンペラー」は、清朝最後の皇帝・溥儀(ふぎ)の自伝「わが半生」を原作にしたもの。華人俳優のジョン・ローン(尊龍)が溥儀役を演じ、第60回アカデミー賞で作品賞を受賞。当時、世界的なヒットを記録した。

「ラストエンペラー」は北京市にある紫禁城内での撮影が許可された、最初の欧米映画としても知られる。なお、当時の紫禁城は1日平均5万人が訪れる観光スポットだったにもかかわらず、映画撮影のため完全に閉鎖。訪中した英エリザベス女王も入ることができなかった。

皇帝の即位式典の壮観なシーンでは、撮影の準備期間に6カ月を費やした。侍衛や太監役で集められた約2000人の出演者は全員が髪を剃り落とし、使用されたかつらと辮髪(べんぱつ)の重さは1トンを超えた。また、「中国古建築の最高峰」と言われる太和(たいわ)殿が撮影のために初めて開放され、映画史に残るシーンともなった。

皇后を演じたジョアン・チェン(陳沖)によると、撮影に合流して最初に目にしたのは、幼い溥儀と母親の別れのシーンだった。「まるで当時に自分がタイムスリップしたような感覚を覚え、身体に衝撃が走った。あんな感覚は初めてだった」と語っている。当時すでにキャリアを積んでいたジョアン・チェンだが、その衝撃から無意識のうちに、「女優の仕事から一生逃れられない運命」を強く感じ取ったという。

ジョアン・チェンと側妃役のビビアン・ウー(鄔君梅)は撮影後も親交を重ね、昨年大ヒットした中国ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」でも共演。清朝で同じ皇帝に仕えた妃を再び演じたことが大きな話題となった。(Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング