Record China

ヘッドライン:

湖のコクチョウが行方不明、男が持ち帰り食べていた―中国

配信日時:2020年5月7日(木) 1時30分
拡大
5日、新快報は、浙江省金華市の湖に住み着いているコクチョウを殺して食べた男が拘留処分を受けたと報じた。

2020年5月5日、新快報は、浙江省金華市の湖に住み着いているコクチョウを殺して食べた男が拘留処分を受けたと報じた。

同市にある翠湖には約4年前からコクチョウ4羽が住みついており、市民から愛されているという。そのうち1羽について4月29日午後11時半ごろに飼育係からいなくなったとの通報が警察に寄せられた。

通報を受けた警察官が監視カメラの映像を確認したところ、同日午後2時40分ごろに木の棒と赤い袋を持った男がやってきて周辺をうろついた後、袋を持っていそいそと退散する様子が映っていた。

映像をさらに詳しく調べた結果、警察官はこの男が棒でコクチョウを殴って気絶させた後袋に入れて持ち帰ったと断定。30日午前0時過ぎに男の居場所を突き止めて捜索すると、コクチョウの姿はすでに見えなかったものの、むしり取られたとみられる羽が見つかった。このため、男を問い詰めたところ男はコクチョウを殺して知人と一緒に食べたことを認めた。

取り調べに対し、男は「妻子と湖に遊びに来たところ、浅瀬で優雅に泳いでいるコクチョウを見つけた。好奇心からちょっかいを出したところ、コクチョウが怒りだしくちばしで攻撃してきたので、頭を殴った」と供述。気絶したコクチョウを近くで拾った麻袋に入れて知人の家に持ち帰り、内臓を取り出して高圧鍋に入れて煮込み、みんなで食べたと語っている。

その味について聞かれ「香りはとてもよかったが、肉は硬くてちっともおいしくなかった」と答えた男は、警察当局から行政拘留処分を受けた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング