Record China

ヘッドライン:

仏医師、去年12月に新型肺炎患者を確認

配信日時:2020年5月4日(月) 12時0分

フランスにある病院の集中治療室の責任者は3日、勤務する病院で去年12月に新型コロナウイルス肺炎の患者を確認したことを明らかにしました。

 パリ近郊のセーヌ=サン=ドニ県にある2つの病院で集中治療室の責任者を務めているイブ・コーエン(Yves Cohen)教授は3日、フランスのBFM TVのテレビ番組内で情報を発表しました。

 コーエン氏は、「去年12月から1月にかけて肺炎に感染した患者に対し、改めて核酸検査を行った。当時はインフルエンザやほかのコロナウイルスを調べただけで、新型コロナウイルスの可能性は考慮していなかった。その結果、24人のサンプルの中から陽性が1人判明した。この患者は12月27日に私の勤務するパスツール研究所に治療に来た」と述べました。

 また、コーエン氏によりますと、結果の正確性を確保するため、この患者のサンプルに対し二度目の検査を行いましたが、同じく陽性を示したということです。このため、フランス国内での新型肺炎患者の出現はこれまでの発表より1カ月ほど早くなりました。

 フランスでの新型コロナウイルスの出どころについて、パスツール研究所がこのほど発表した研究結果によりますと、「フランスにおける感染は1月に海外から入ってきたわけではなく、現地で起きた特定できないウイルスによるものである。フランス北部でしばらく感染がひそかに拡大したが、患者の症状は軽度、または無症状だったため注目されなかった」ということです。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

【CRI時評】反中急先鋒のバノン氏は世界混乱を一心に願う

米国の極右ポピュリストであるスティーブ・バノン氏はこのほど、メディアとのインタビューで、中国の防疫モデルを中傷し、中国は今回の感染症に対する経済的責任を負うべきだと揚言した。米大統領の首席戦略官兼上級顧問を務めたバノン氏の政治的見解は極めて急進的であり、一貫して人種差別と排外的...

CRI online
2020年5月4日 11時10分
続きを読む

習総書記が青年に激励のメッセージ=五四青年節

5月4日の「青年節」を前に、習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は共産党中央を代表して、全国各民族の青年に祝日の祝賀と心からの挨拶を伝えました。 習総書記は、「青春は練磨により、人生は奮闘によって高められる。突如と襲ってきた新型コロナウイルス感染症に対...

CRI online
2020年5月3日 18時10分
続きを読む

米ウイルス専門家 実験室流出説を否定

米国のビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー(Business Insider)」の2日の報道によりますと、武漢ウイルス研究所のスタッフ向け教育事業に携わったことがあり、共同研究にも参加したことがある、米カリフォルニア大学デービス校(UCD)の野生生物医...

CRI online
2020年5月3日 16時15分
続きを読む

213ヵ国・地域に拡散、中国は16カ国に医療専門家149人派遣

国務院共同予防・抑制メカニズムが2日に開かれた記者会見で、国家衛生健康委員会は、新型コロナウイルス感染症に関する最新データを発表しました。 世界保健機関(WHO)の最新データによりますと、新型コロナウイルスの感染は213の国と地域に拡大し、1日あたりの新規感染者数は一月連続で6...

CRI online
2020年5月3日 14時45分
続きを読む

本庶佑氏、 自身の名前かたる虚偽情報拡散で声明文

日本メディアの報道によりますと、新型コロナウイルスについて、2018年のノーベル生理学・医学賞受賞者で、京都大学の本庶佑特別教授の名前をかたった、大量な虚偽情報が拡散されたことに対し、本庶教授は京都大学を通じてその内容を否定する声明を発表しました。 その報道によりますと、虚偽情...

CRI online
2020年5月3日 13時30分
続きを読む

ランキング