Record China

ヘッドライン:

マスクせず済州島に集まる韓国人、ネットには不安の声も「これまでの努力が無駄になる」

配信日時:2020年5月4日(月) 16時30分
拡大
4日、韓国・中央日報は「新型コロナウイルスの感染拡大以降で最も多くの人が済州島を訪れており、防疫当局に緊張が走っている」と伝えた。写真は済州島。

2020年5月4日、韓国・中央日報は「新型コロナウイルスの感染拡大以降で最も多くの人が済州島を訪れており、防疫当局に緊張が走っている」と伝えた。

記事によると、日本と同様に大型連休を迎えた韓国では連日、多くの人がリゾート地の済州島を訪れている。先月29日から今月3日までに済州島を訪れた人は16万3000人に達した。連休初日の先月29日には、新型コロナウイルス感染拡大以降最多の3万6587人が訪れたという。

そのため海岸はもちろん、植物園、博物館など室内の観光スポットにも多くの人が集まり、ソーシャルディスタンスの確保が「事実上不可能」な状態になっているという。さらに暑さのためかマスクをしていない人の姿も目立つそうで、済州島関係者も「室外でのマスク着用率は60%ほど」と説明しているという。

これを受け済州島は新型コロナウイルス感染拡大を防止するため飲食店や宿泊施設、遊興施設など2万3800の施設に対し、マスクをしていない観光客の利用を制限することなどを求める防疫指針を発表した。また、先月30日から入島する全ての人に特別入島手続きを実施。発熱検査基準も37.5度から37.3度に強化したという。

韓国政府は3日、最近の1日の感染者数が10人前後に収まっていることを受け、外出自粛要請を含む「ソーシャルディスタンスの確保」の取り組みを5日に終了し、6日からは日常生活と経済活動を再開しつつ防疫を行う「生活防疫」を行うと発表した。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「まだ終息したわけではないのに」「マスク着用は最低限のマナー」「他の地域でもマスクをせず歩いている人が増えた。外出したい気持ちは分かるが、せめてマスクは着用してほしい」「最低1年は耐えようよ。少なくともワクチンが開発されるまでは…」「今油断すればこれまでの努力が無駄になってしまう」など、済州島の状況に不安を示す声が続出している。

一方で「ここまで感染者数が減ったのだから後は個人の判断。不安な人だけマスクをすればいい」との意見も。

その他「済州島の措置が甘過ぎるのが問題」「マスクをしていない人には罰金を科してほしい」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング