Record China

ヘッドライン:

「仮面ライダーカブト」が警備員にマンションへの入場を阻止される―中国

配信日時:2020年5月4日(月) 18時0分
拡大
4日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞によると、仮面ライダーの姿をした人物がマンションへ入ろうとし、警備員に入場を阻止される出来事があった。

2020年5月4日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞によると、仮面ライダーの姿をした人物がマンションへ入ろうとし、警備員に入場を阻止される出来事があった。

記事によると、2日に杭州市のマンションの警備員から「入口にウルトラマンがいる」との通報が警察に寄せられた。警官が駆け付けると、そこにいたのは「仮面ライダーカブト」のコスチュームを身にまとった人物。警備員はこの人物が自身の健康を証明する「健康コード」を提示せず、顔も見えないのでマンションへの入場を拒否したと説明した。

その後、この人物の友人を名乗る人物が現れ、「この仮面ライダーはコスプレで、近くのショッピングセンターでイベントがあって身につけたもの。1万元(約15万円)以上するものだ」と説明。専用のドライバーがないと取り外すことができないが、ドライバーが見当たらなくなってしまったのだという。結局、無理やり頭部の仮面を外したが、現れたのは顔を真っ赤にした汗だくの若者だった。警備員は本人確認をした後、入場を許可したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「この天気ではマスクをするのもつらいのに、長時間この仮面をつけるのはすごいな」「この暑さの中でこのコスプレをしたことに敬意を表する」「おなかを壊したらどうするんだろう」「ダメなものはダメ。ウルトラマンでも(確認せずに入場するのは)ダメ」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング