Record China

ヘッドライン:

「ランセット」編集長 「ウイルス起源陰謀論」と「責任論」に反駁

配信日時:2020年5月2日(土) 18時35分
拡大
国際的な医学誌「ランセット」の編集長リチャード・ホートン氏は中央広播電視総台(チャイナ・メディアグループCMG)の取材を受け、新型コロナウイルス感染拡大を抑制する中国の経験と米国の経歴をいかに評価するかや、度々現れる「ウイルス起源陰謀論」など、注目される問題について質問に答えま...

 国際的な医学誌「ランセット」の編集長リチャード・ホートン氏は中央広播電視総台(チャイナ・メディアグループCMG)の取材を受け、新型コロナウイルス感染拡大を抑制する中国の経験と米国の経歴をいかに評価するかや、度々現れる「ウイルス起源陰謀論」など、注目される問題について質問に答えました。

武漢のロックダウンをどう見るか?~

 これについてホートン氏は「中国政府が緊急事態に対応して、武漢をロックダウンしたのは非常に果敢な決定であった。これを通じて中国は世界に対策をとる時間を稼いだ。これは正しい決定で、他国に感染拡大の脅威にどう立ち向かうか手本を示した。中国が武漢で進めた感染拡大抑制活動に感謝すべきだと思う」と述べました。

~中国をウイルスの起源地とするのは実用的でなく、事実に合わない~

 ホートン氏は「中国がウイルス感染拡大の起源地であると非難する人がいるが、この見解は実用的でなく、事実に合わないものである。やるべきことは冷静さを保ち、中国政府と協力して感染事情を調べ、感染の再発防止に全力を尽くすことである」と強調しました。また、中国が非常に優秀な科学研究者と医療従事者を有していることを誇りとするべきだとの考えを示し、「一部の政治的指導者が中国を非難するのは不公平なことだ」と表明しました。

~サーズ(SARS)から経験を汲まなかったのは人類の悲劇~

 ホートン氏は「2002年から2003年にかけてのSARS蔓延は一部の西側諸国、たとえばカナダなどに及んでいた。しかし、この中から教訓を汲むことはなく、これこそ本当の人類の災難である」と述べました。

~中国は正確であり、われわれは間違っていた~

 世界に共有できる中国の経験についてホートン氏は、「中国の経験は素早く、果敢な決定がなされた。中国はSARSに対応した経験を持つからだ。これまでの20年間、中国は病院と衛生システムに多大な資金を投じてきた。しかも、政治上の能力を持ち、SARSと類似する今回の感染に対し、その脅威の深刻さを理解して果敢な対策を採った」と述べました。

 その上でホートン氏は「勉強に値する中国の経験はまだたくさんある。たとえば、臨時病院の設立。これは中国が成功するにあたって非常に重要な新措置であった。病院の機能が保障され、患者の隔離を効果的に実現した」と評価しました。

~大部分の西側諸国は警報を重視していなかった~

 ホートン氏は英国政府の感染拡大防止対策を批判しただけでなく、米国や欧州諸国をも批判しました。その理由として、「『ランセット』は1月最後の一週間に5本の文章を掲載し、新型コロナウイルスの特徴、その致命性や人から人への感染を説明した。しかし、各国はこうした情報を重視せず、米国など西側諸国は2月の一ヶ月と3月初めの時間を無駄にしたため、人為的な悲劇となった」と述べました。(Mou、CK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

北京 、武漢以外の医療サービス 、8割り回復

国家衛生健康委員会によりますと、新型肺炎の予防・抑制情勢が持続的に好転する中、各地の医療機関は正常な診察・医療活動の回復を加速させているということです。 4月30日末現在、湖北省武漢市では新型肺炎以外の病気にかかった患者を診療する医療機関がは69軒に上りました。、また、外来患者...

CRI online
2020年5月2日 16時45分
続きを読む

メーデー連休初日 国内観光客数 2319万人超

文化・観光部によりますと、5月1日から始まった「メーデー5連休」の初日は、全国の休日観光市場が穏やかな推移を見せたようです。国内旅行に出かけた観光者数はのべ2319万7000人に上り、一日の観光収入は約97億7000万元に達しました。全国のA級(最上級)観光景勝地のうち、約70...

CRI online
2020年5月2日 16時20分
続きを読む

新型肺炎 いまだ「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である=WHO

世界保健機関(WHO)は現地時間5月1日、スイスのジュネーブ本部で緊急委員会会議を開き、「新型コロナウイルスのパンデミックは引き続き『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』に当たる」と指摘しました。会議に参加した各国の専門家はWHOおよび各国に、数十もの疫病防止対策におけるア...

CRI online
2020年5月2日 14時10分
続きを読む

「新型コロナウイルスは自然界から」と確信=WHO

世界保健機関(WHO)は1日にも新型コロナウイルスの発生源をめぐり記者会見を開きました。新型コロナウイルスが武漢市にあるウイルス研究所から流出した可能性があるかについて、衛生緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は、「現在、多くの科学者が新型コロナウイルスの遺伝子配列につい...

CRI online
2020年5月2日 12時35分
続きを読む

ランキング