Record China

ヘッドライン:

韓国軍で刑事事件化される「下剋上」が増加?紀綱の緩みと指摘も

配信日時:2020年5月4日(月) 7時30分
拡大
30日、韓国・世界日報は、韓国軍内で最近、階級が低い兵士が上官に従わないことから起きる「下剋上」の刑事事件化が増えていると伝えた。

2020年4月30日、韓国・世界日報は、韓国軍内で最近、階級が低い兵士が上官に従わないことから起きる「下剋上」の刑事事件化が増えていると伝えた。

国防部によると、韓国軍の懲戒件数は毎年減っており、2015年は6万2359件だったのが、19年は4万2038件まで減少した。軍内での事件・事故の発生件数は5年前に比べ5割ほどまで減っていると、国防部長官も国会国防委員会で発言している。しかし、「下剋上」事件が刑事事件に発展するケースは、15年の63件から19年には217件と3倍以上に増えているという。記事は「上官が部下の顔色をうかがうようになり、部隊の指揮が困難になっている」と指摘している。

また記事は、このような「紀綱の緩み」問題は最近に始まったことではないとも伝え、3~4月に「民間人2人が海軍基地に無断侵入」「兵士が女性軍中隊長を野戦用シャベルで暴行」「戦闘機パイロットらが非常待機室で飲酒」「男性副士官による男性将校セクハラ疑惑」「陸軍指揮統制室の盗聴」「国防科学研究所の機密資料流出報道」などがあったことを紹介している。

さらに、今後はこの緩みを巡る暴露が加熱していくとみられることが問題だとも指摘している。軍関係者らは「今の軍内は『1人では死ねない』という雰囲気」「暴露戦が深刻な状況。指揮体系が崩壊しつつあり、軍がもはや戦闘準備の不可能な集団になっていっているという兆候だ」と話しているという。

記事は、こうした状況は「軍の地位や権威の墜落に起因するもの」だと分析。「南北関係改善中心の政策と、締め付けが緩くなった兵営生活に慣れた兵士たちの個人主義化と、無関係ではない」と指摘している。国防部は、刑事処罰増加の背景について「かつては穏便に懲戒処理していた事案を法と規制によって厳正に処罰する基調に変化したことが主な理由」だとコメントしているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「軍隊は軍隊らしくあるべきだ。分断国家において、紀綱の緩みだなんて」「今の大韓民国には軍隊がない」「暴露はいいことだよ。今後も続くといい。それを改善すればいいだけのこと」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領のせいでしょ。北朝鮮は主敵ではなく、何でも与えてやるべき相手だと考えてるんだから」「大統領が北を敵だと思ってないのに、軍隊なんて何の意味がある?予見できたことだ」「正直に話そうよ。紀綱の緩みによる被害のほうが多いのか、それとも上官への服従による死亡、暴行、暴言のほうが多いのか」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング