Record China

ヘッドライン:

「日本の大人気漫画に酷似」批判受けた韓国のスマホゲームがサービス終了

配信日時:2020年4月30日(木) 21時20分
拡大
28日、韓国・ゲームTOCによると、日本の大人気漫画「鬼滅の刃」に酷似しているとして盗作疑惑が浮上していた韓国のスマートフォン用ゲームアプリ「鬼殺の剣」がサービスの終了を決定した。写真はソウル。

2020年4月28日、韓国メディア・ゲームTOCによると、日本の大人気漫画「鬼滅の刃」に酷似しているとして盗作疑惑が浮上していた韓国のスマートフォン用ゲームアプリ「鬼殺の剣」がサービスの終了を決定した。

記事によると、韓国のゲーム会社「テンナイン」は「鬼殺の剣」公式サイトで、27日からストアでアプリのダウンロードを遮断して全ての決済を終了し、決済した商品の払い戻しを行うことを発表した。ゲームのサービスは29日午前10時に遮断される。

同アプリは24日にグーグルプレイストアで発売が開始されたが、その直後から「ストーリー展開や主人公の姿が『鬼滅の刃』と酷似している」と指摘の声が上がった。同社は盗作疑惑を否定したが、ユーザーから抗議が殺到し、グーグルプレイでの評価は1点台にまで下がっていたという。

これに韓国のネットユーザーからは「本当に恥ずかしい」「この時代にこんなにも堂々と盗作するなんて。ため息しか出ない」「大人気の作品をパクってばれないと思った?」「今後は中国に盗作されても文句言えないね」「訴えられてもおかしくないレベルだ」など批判の声が相次いでいる。

また、「意外とばれるのが早かったね」「韓国は昔から『日本のものなら盗んでも批判されない』という考えがあるが、これは問題」「韓国メディアは韓国称賛記事ばかり書いていないで、こういうことを報じるべきだ」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング