Record China

ヘッドライン:

京雄都市間鉄道の雄安駅が2020年末にも開業

配信日時:2020年4月29日(水) 0時20分
拡大
北京市と雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道雄安駅津雄場駅の鉄骨構造工事が27日、全て完成した。

北京市と雄安新区を結ぶ京雄城際(都市間)鉄道雄安駅津雄場駅の鉄骨構造工事が27日、全て完成した。新華網が伝えた。

中鉄建工集団によると、雄安駅は、雄安新区の「水文化」のイメージに呼応するように設計され、駅舎全体が、まるで滴り落ちる水滴のような造りとなっている。雄安駅は、京雄都市間鉄道で最大規模を誇る新築駅で、駅場は11ホーム・19線を擁し、建築総面積は47万5200平方メートル、これはサッカースタジアム66個分に相当する。今後、京雄、京港台(北京―香港―台湾)、津雄(天津―雄安)鉄道など複数の鉄道路線およびバス・タクシーなどの公共交通機関との立体的な乗換が同駅で実現する見込み。雄安駅は2020年末に営業開始を予定している。(編集KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング