Record China

ヘッドライン:

新型コロナを利用して中国に汚名を着せる豪メディアの行為は現代文明に逆行

配信日時:2020年4月28日(火) 22時30分

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の「デイリー・テレグラフ」はこのほど中国の国章を改竄し、悪意をもって新型コロナウイルスを中国と関連付けた。国章は主権国家の象徴であり、神聖不可侵だ。同紙は感染症を政治利用し、ウイルスをレッテル化し、基本的正義を顧みず、道徳の守るべき一線を破り、中国国民の感情を深刻に傷つけた。このような悪質な行為は放置できない。(人民日報「鐘声」国際論評)

新型コロナウイルス感染症によって世界の道徳、文明の質が確かめられているといえる。メディアは人類文明の基本的価値を守り、人類文明の守るべき一線をしっかりと守るのが当然だ。国旗と国章は現代文明の重要な象徴であり、人々の深い感情の結晶であり、国の崇高な尊厳を代表している。同紙は公然と感染症を利用して中国に汚名を着せ、人種差別を煽った。これは現代文明と逆行するものだ。

ウイルスの発生源特定は厳密な科学の問題であり、厳粛な専門的問題だ。新型コロナウイルス感染症の発生以来、世界保健機関(WHO)は、どんな疾病であれ、どの場所にも発生源の可能性があることを繰り返し強調してきた。国際衛生法学の専門家16人が先日英医学誌『ランセット』で、恐れとデマと人種差別と排外心理に基づくやり方は、新型コロナウイルス感染症という突発的事態から人々を救うことにならないと注意を促した。同紙はWHOと国際衛生法学者の明確な警告を顧みず、国際保健規則(IHR)の明文規定に公然と違反した。

メディアの報道は事実と良識に基づくものであるべきだ。中国が人類の生命権と健康権を守るために積極的な貢献をしたことは世界の誰の目にも明らかだ。生命至上、人々至上の原則をしっかりと遵守して、中国の感染防止・抑制は良い方向へと向かう勢いが揺るぎないものになり続けている。人類運命共同体の理念を堅持し、国際人道主義精神を発揚し、中国は感染症との戦いにおける国際協力に積極的に参加し、これを推進している。中国国内の感染症との戦いの戦場において得た成果も、世界における協力の過程で果たした役割も、抹消できるものではない。同紙は元からあるイデオロギー的偏見に基づき、白を黒という手口を弄して、全く職業倫理のない本性をあらわにした。

新型コロナウイルスの感染を前に、良識と責任感あるいかなるメディアも、世界の協力を後押しし、感染症と共に戦うために建設的役割を発揮すべきだ。デイリー・テレグラフは在シドニー中国総領事館の申し入れと強い非難を顧みず、再三にわたり感染症を利用して悪意をもって中国を中傷した。早くも4月1日に、在シドニー中国総領事館は同紙に書簡を送り、傲慢さと偏見に満ちた同紙の感染症と中国に関する報道を批判した。その後、同紙は再び同様の芝居を演じて、中国と中国国民のイメージを悪くし続けた。

英国の著名な学術誌「ネイチャー」は最近3日連続で中国語と英語で「新型コロナウイルスのスティグマタイゼーションを止める」との記事を掲載した。記事はWHOが2月に新型コロナウイルス感染症を正式に命名した際、ネイチャーを含め新型コロナウイルスを武漢や中国と関連付けている個人や組織に注意を促したことを率直に認めた。ネイチャーは記事で「我々の当初のやり方には確かに誤りがあった。我々はその責任を負い、謝罪したい」と厳かに記した。直ちに過ちを認め謝罪するネイチャーの責任ある姿勢と比べ、デイリー・テレグラフの偏狭さと闇は明らかだ。

新型コロナウイルスに関する人種差別的発言、及びその引き起こす人種差別、人種対立、人種衝突は、いずれも現代文明に対する公然たる挑発だ。国際社会はこうした挑発を共に阻止するべきだ。責任ある世界の全てのメディアは揺るぎなく正義を選択し、人類文明の基本的価値を共に守るべきだ。(編集NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング