Record China

ヘッドライン:

米から証拠提供なし、WHO「ウイルスは自然起源」―独メディア

配信日時:2020年5月5日(火) 16時40分
拡大
独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトによると、新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から広がったとする米政府の主張に関連し、世界保健機関(WHO)は4日、ウイルスは自然起源とする方向性を示した。

独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは5日付で配信した記事で、新型コロナウイルスが中国・武漢の研究所から広がったとする米政府の主張に関連し、世界保健機関(WHO)が4日、「ウイルスは自然起源」とする方向性を示したと報じた。

記事によると、WHOで緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は4日のオンライン記者会見で、「われわれは、米政府からウイルスの起源に関するいかなるデータも具体的な証拠も受け取っていない。従って、われわれの見解では、これは推測の域を出ていない」と述べた。

また、WHOの専門家、マリア・ファン・ケルクホーフェ氏は、「現在までにおよそ1万5000の新型コロナウイルスの全ゲノム配列がある」と強調。「われわれが見たすべての証拠から、このウイルスは自然起源のものだ」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

世界の専門家ら、新型コロナ「中国研究所説」に反論

新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以来、一部の西側メディアと政治家は共謀して、医学の常識を無視し、いわゆる「武漢ウイルス研究所が発生源である」という陰謀論を煽っています。 それと同時に、世界中の多くの科学者や関係する学者は科学的かつ真摯な態度で、自らの専門知識や分析を用いて...

CRI online
2020年5月4日 16時45分
続きを読む

ランキング