Record China

ヘッドライン:

中国から英国に戻った男性が後悔、「間違いなく誤りだった」―英国

配信日時:2020年5月10日(日) 21時30分
拡大
中国紙・環球時報は5日、新型コロナウイルス流行当時に中国を離れた英国の男性が自身の選択を後悔していると報じた。写真は武漢。

中国紙・環球時報は5日、新型コロナウイルス流行当時に中国を離れた英国の男性が自身の選択を後悔していると報じた。

記事は英BBCの報道を引用。それによると、湖北省武漢に滞在していたとみられるこの男性は、新型コロナから逃れるために英国に戻ることにした。だが、1月末に中国を出国した男性が14日間の隔離を経て気付いたのは、自身がさらに悪い事態に直面しているということだったという。

男性は「中国の感染対策はどれも正確になされているだけでなく、感染の拡大阻止における行動も英国より素早かった」としており、「英国初の症例は私の隔離中に出現したと記憶している。英国は中国の状況を見ているのだから素早く行動を起こすべきなのに、何もしなかった」などと指摘。また、武漢にいる友人が元通りの生活を取り戻しつつあることにも言及し、「彼らはすでに感染症を制圧したようだ。だが、今でも予防措置を取っていて不必要な外出を控えている」とも語ったそうだ。

記事は、男性が英国にいることを望む一方、自身の当時の選択については後悔していると説明。男性は「間違いなく誤りだった」とコメントしているという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング