Record China

ヘッドライン:

「新型コロナを南北協力の機会に」と文大統領、韓国ネットは「まずは韓国内から…」

配信日時:2020年4月28日(火) 21時20分
拡大
27日、韓国・聯合ニュースによると、文在寅大統領が「新型コロナウイルス禍が南北協力の機会になる」との考えを示した。資料写真。

2020年4月27日、韓国・聯合ニュースによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「新型コロナウイルス禍が南北協力の機会になる」との考えを示した。

記事によると、18年4月27日に行われた初の南北首脳会談で板門店宣言を採択して2年を迎えたこの日、文大統領は韓国大統領府で首席秘書官・補佐官会議を開き上記の発言をした。

記事は、今回の発言が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「健康異常説」が浮上して以降初めて公の場で南北関係に言及したという点で、より一層注目されていると伝えている。

文大統領は世界的課題の「新型コロナウイルスへの共同対応」が突破口になり得るという点に注目し、「新型コロナウイルスの危機は南北協力の新たな機会になり得る。今のところ最も緊急で差し迫った協力課題だ。南北は一つの生命(運命)共同体であり、これは平和共同体に進む土台になるだろう」「新型コロナウイルスに共に対処する協力から始まり、家畜伝染病と南北境界線地域の災害、気候変動への共同対応など南北交流と協力が積極的に行われることを願う」などと述べたという。

これを受け、韓国のネット上では「またまた何言ってるの?」「核兵器を開発してる北朝鮮を信じられる?。信頼というのは相互に生まれるもの」「北朝鮮病の再発だよ」など非難が続出している。

また「まずは韓国内から整理して。外のことはその後」「国の安保のことはちゃんと考えてる?」「韓国の子どもたちは今、登校もできずにいるというのに…。今北朝鮮のことに言及するのは、民衆の怒りを買うだけ」「韓国経済を立て直すことがあなたの生きる道」など厳しい指摘も相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング