韓国で隔離措置違反者の電子リストバンド着用始まる=中国では理解示す声「防疫の手を緩めてはならない」

Record China    2020年4月27日(月) 20時20分

拡大

韓国で27日、自主隔離措置の違反者を対象とした電子リストバンドの着用が始まったことが、中国でも注目されている。

韓国で27日、自主隔離措置の違反者を対象とした電子リストバンド「安心バンド」の着用が始まったことが、中国でも注目されている。

韓国では、新型コロナウイルスへの感染の疑いで自宅に隔離されている人の無断外出が問題になっていた。

中国メディアの中国新聞網は27日、安心バンドについて、「自主隔離違反者の同意がある場合のみ着用させることができる。着用を拒否した違反者は施設に隔離される」と紹介。韓国の自主隔離対象者については、「26日午後6時時点で3万9000人超。このうち海外からの入国者が3万7000人超で大部分を占める」と伝えた。

自主隔離措置違反者への電子リストバンド着用について、中国のネットユーザーの反応を見ると、「人身の自由を侵害する行為ではないのか」と疑問視する声も一部に見られたが、「有事には有事なりの手段。ルールを守らない人には強制措置もやむなし」「韓国には性犯罪者に電子アンクレットを装着させた経験がある」「中国も導入すべきだと思う」「とことん防疫」「防疫の手を決して緩めてはならない」など理解を示す声が多く寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携