Record China

ヘッドライン:

韓国の空軍士官学校で飛行中に教授が学生を暴行=韓国ネット批判「暴力は正当化できない」

配信日時:2020年4月28日(火) 9時50分
拡大
27日、韓国メディア・韓国経済は、同国の空軍士官学校で操縦指導を担当する教授が、操縦訓練中の学生に繰り返し暴行していた疑いがあると報じた。資料写真。

2020年4月27日、韓国メディア・韓国経済は、同国の空軍士官学校で操縦指導を担当する教授が、操縦訓練中の学生に繰り返し暴行していた疑いがあると報じた。学校側は内部調査に乗り出したという。

記事によると、ある教授が、昨年の飛行実習中、操縦技能が未熟だと感じた学生に対し、こぶしで顔や頭などに暴行を加えた。中には鼻血を出す学生もいたという。

被害を受けた学生たちは、教授による暴行が飛行中の機内での出来事だったため証拠を示すことが困難な上、今後の飛行訓練で不利益を被ることを恐れ、暴行を受けたことについてこれまで口を閉ざしてきたという。

学校側は、内部調査を行い、「当該教授に暴言と暴行の疑いが確認された。法と規定に沿って厳正に対処する」としているという。

同校では2018年にも同様の事件が起きているという。また、韓国軍ではこのところ不祥事が相次いでおり、今月初めには、ソウル近郊の京畿道(キョンギド)の陸軍部隊に所属の兵士がスコップで中隊長を暴行する事件が発生した。また、陸軍幹部が酒席でわいせつな行為を行った疑いがあり、現在捜査中であるほか、陸軍大尉が飲酒運転し摘発される事案も発生している。

これに、韓国のネットユーザーからは、「軍には厳しさが必要なことは理解できるが、暴力はなくさなければならない」「学生への暴行を許しては駄目」「暴力はいかなる理由であれ正当化できない」「教授には重い処分を」「30年前に自分が飛行訓練を受けた時も飛行中に殴られたけれど、今もまだそんなことが行われているの?」などと、暴力による指導に、批判のコメントが多く寄せられている。

また、「命に関わる仕事は厳しく当たるべきだ」「軍隊とはいえ指導の仕方を変えなければいけない」「上空を飛行中に暴行するなんて危険極まりない」などといった声も上がっている。(翻訳・編集/関)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング