Record China

ヘッドライン:

これが中学生の喧嘩?3人で囲み、刀を突き刺す―遼寧省開原市

配信日時:2007年5月16日(水) 14時32分
拡大
2007年5月8日、遼寧省開原市八クー樹中学校の中学3年生・杜闖くんが、3人の中学生に襲われ、刀で30太刀も斬りつけられる事件が発生した。社くんの左目は刀で切られ、失明の可能性もあるという。
(1/5枚)

2007年5月8日、遼寧省開原市八クー樹中学校の中学3年生・杜闖(ドゥー・チュアン)くんが、3人の中学生に襲われ、刀で30太刀も斬りつけられる事件が発生した。社くんの左目は刀で切られ、失明の可能性もあるという。

その他の写真

事件の発端は何気ないことだったという。8日昼間、八クー樹中学校3年の杜闖くんとある2年生の生徒との間で口げんかが起き、互いに興奮し相手を何度か突き飛ばしたが、その場はそれだけでおさまった。これだけならば中学生にはよくある喧嘩で終わっただろうが、惨劇はその晩に起きた。***

当日夜7時、杜くんは教室で自習中に突然背後から名前を呼ばれた。振り返ると、顔めがけて刀が振り下ろされた。社くんは慌ててよけたが、さらに2人の学生が刀を持って、社くんを取り囲んだという。昼間の口げんかした生徒と合わせると相手は3人。武器を持った男3人に囲まれては社くんも為す術がなかった。彼らは子どもとは思えぬ残酷さで執拗に社くんを斬りつけた。なんと合計30太刀以上もの傷を負わせたという。その傷のなかには、左目を潰す一太刀も含まれている。

すぐに病院に運ばれた杜くんだったが、出血がひどく血圧はほぼゼロにまで低下していた。病院も手の施しが用がなく、近隣の鉄嶺市の病院に転送されたが、この病院でもお手上げ。瀋陽市の中国医大第一病院へと再度転院した。

9日深夜から杜くんの手術は始まった。合計16時間の手術の末、どうにか一命は取り留めたという。斬りつけられた左目の再生手術も行われたが、視力が回復するかはまだわからない。社くんがこの1年間準備していた高校受験まであと1月少しだが、試験への参加はおそらく無理だろうとのこと。杜くんの母親は号泣しながら、事件が起こった日は、社の父親が肺ガンで死んだわずか2週間後のことだと明かし、立て続けに起きた不幸を前にどうしていいかわからないと話した。(翻訳/編集・KT)

ランキング