Record China

ヘッドライン:

韓国メディアが「日本を支援し関係改善すべき」と主張=ネットでは反対意見多数

配信日時:2020年4月28日(火) 8時30分
拡大
27日、韓国・毎日経済は「15日に行われた総選挙で共に民主党が圧勝し安定的な国政運営が可能となった文政権は、これを日韓関係改善のきっかけとするべきだ」と主張する記事を掲載した。写真は韓国のマスク。

2020年4月27日、韓国・毎日経済は「15日に行われた総選挙で共に民主党(与党)が圧勝し安定的な国政運営が可能となった文政権は、これを日韓関係改善のきっかけとするべきだ」と主張する記事を掲載した。記事は「新型コロナウイルス感染者急増により医療用品が不足する日本に対し、韓国政府が大乗的見地から人類愛を発揮して支援すれば、これまで閉ざされていた日韓交流の再開の糸口になる」と提案している。

記事によると、韓国政府はこのほど、在日コリアン社会の主要人物を通じて自民党関係者に「マスクの支援が可能」との立場を伝えた。しかし、これに対して日本側は明確な立場を示していない。ただ、一部の地方自治団体では韓国総領事館にマスクや韓国製検査キットについて問い合わせる動きも見られているという。

記事は「新型コロナウイルスは世界の人たちの健康と生活を脅かし、世界経済を破たんさせた世界共通の敵であり、こうしたニューノーマルな状況では日韓の外交も新たな発想とアプローチが必要だ」と指摘し、「日本政府が過去の歴史を反省しないという理由で未曽有の疾病に苦しむ隣国の国民に背を向けることは望ましくない。一日の感染者を10人前後にまで減少させた韓国の素晴らしい防疫モデルと医療用品を人道的見地から日本に全面的に使用するべきだ」と主張している。

申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は「日韓両国がパンデミック解消のため協力する可能性は確実にある」とし、伝染病の情報共有、海外におけるアジア人差別への共同対応、医療物資の相互支援、第2次大流行防止に向けた東アジアパンデミックセンターの構築などに言及したという。

また、記事は「新型コロナウイルス感染拡大の影響により日韓は輸出、雇用、内需などで深刻な悩みを抱えているが、入国制限措置により重要な交易交渉と経済人会議が中止となり、年間1000万人に達する人的交流が全て断絶されている状況」と説明した上で「日韓経済のさらなる悪化を阻止するためには両国政府が感情的対応をやめて危機脱出のために協力し、発展した未来に向けた一歩を踏み出さなければならない」「反日や嫌韓感情を政権維持に利用する考えを捨てるべき」などと主張している。

記事は最後に「日韓は市場経済や民主主義、人権など共通の価値を持つ隣国だ」とし、「そんな両国がいつまで扉を閉ざして憎しみ合って生きていくつもりなのか、安倍政権と文政権はその答えを出す時だ」と伝えている。

これに韓国のネットユーザーからは「日本の(過去の歴史に対する)謝罪がないのに関係改善はあり得ない」「日本に頼まれてもいないのに手を差し伸べる必要がある?」「日本が頼んでくるまで放っておくべき」「日本が韓国に対する輸出規制を緩和し、元徴用工に賠償したら支援してもいい」「日本への支援は反対。支援しても感謝されなかった過去があるから」など支援に否定的な声が数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング