新型コロナ感染者、入院食に不満でハンガーストライキ=ネットは賛否両論―中国

Record China    2020年4月27日(月) 10時0分

拡大

25日、中国メディアの頭条新聞は、新型コロナウイルスに感染した患者が、病院が提供する食事に不満があるとしてハンガーストライキをしていると伝えた。

2020年4月25日、中国メディアの頭条新聞は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への投稿で、新型コロナウイルスに感染した患者が、病院が提供する食事に不満があるとしてハンガーストライキをしていると伝えた。

記事によると、黒竜江省牡丹江市の牡丹江康安医院に入院している新型コロナに感染した患者らが、病院が提供する10元(約150円)の食事があまりにひどく、栄養不良になるとして、集団でハンガーストライキをして抗議している。

牡丹江市に位置する県級市、海林市のテレビ局の司会者は、ハンガーストライキについて「感染者はもっと寛容さと理解を示すべきであり、牡丹江市は小都市に過ぎず、すでに最大限の努力を払って患者の治療や生活のケアをしている」と指摘したという。

これについて、中国のネットユーザーからは、「要求が多すぎる。国は無料で治療しているのだから理解すべきだ」「だったら腹をすかせたままにすればいい。どうせ長くはもたない」「(食事は)自費にすべき」など、患者に対する非難の声が上がっている。

一方で、「合理的な要求だと思うが」「牡丹江市はなんて恥知らずなんだ。10元ぽっちの食事で最大限の努力を払っているだって?今は豚肉が高騰しているから10元では肉は入らない。肉と牛乳を取らないと栄養が保障できないと専門家も言っている」など、理解を示す意見もあった。

ほかには、「食べなかったらもっと栄養状態が悪くなるじゃないか」「お互いに理解を示し合うべき」という声もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携