Record China

ヘッドライン:

<羅針盤>コロナに倒れた弟・立石義雄の無念に涙=立石信雄オムロン元会長

配信日時:2020年4月26日(日) 6時20分
拡大
弟の立石義雄が新型コロナ感染症で急逝、大きなショックを受けた。幼少時から共に歩んだ人生を想起し、涙が止まらなかった。写真は1955年、京都・鳴滝の立石家。前列右から信雄、一真、孝雄。後列左端、義雄。

4月21日未明、弟の立石義雄が新型コロナウイルス感染症で亡くなった。私より3つ年下の80歳。これからも一緒に豊かな白秋期を歩もうと励まし合った直後の急逝で、大きなショックを受けた。幼少時から共に歩んだ人生を想起し涙が止まらなかった。

オムロンは父の立石一真が1933年に前身の立石電機製作所を創業。1960年代には駅の自動改札機を世界に先駆けて開発、70年の大阪万博に向け、阪急電鉄の新駅に初めて設置された。さらに銀行ATM など時代を先取りした製品やシステムを投入した。

欧米や中国など海外展開し、私と義雄は手を携えて営業に出向いた。ビジネスの合間に内外の美術館や名所を歩いたのは貴重な想い出である。

立石義雄は社長時代にはオムロンを世界的企業に育て上げ、90年に「会社は創業家のものではない」として社名を、工場のあった京都・御室にちなみオムロンに変更。2003年には非創業家の社長を初めて後継に迎えた。文字通り立石電機=オムロンの中興の祖と言っていい。

義雄の温厚で明るい人柄は多くの方々から慕われ、京都の顔として関西を代表する経済人だった。オムロンの経営から離れた後は、今年3月まで10年以上にわたって京都商工会議所会頭を務め、地元経済の活性化に力を注いだ。われわれ家族にも気配りし、会えばにこやかに少年時代や父母のことなどの想い出に浸った。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに注目される体温計など、健康機器はオムロンの主力事業の一つ。弟自身も自宅近くの京都御苑での散歩を日課とし、健康管理に気を配っていた。後任の会頭の塚本能交さん(ワコールホールディングス会長)と並んで退任記者会見をした3月24日には、新型コロナウイリスについて「企業活動にとって大きな打撃になっている。経営者のリスクへの対応力が問われている」と危機感を示していたが、そのコロナに倒れたことは、さぞや無念だろう。

オムロンは、多くのユーザーのご愛顧をいただいたことに加え、よき後継者と有能な社員に恵まれ、全社員が創業の理念を正しく継承している。ガバナンスの効いたCSR(企業の社会的責任)にも積極的に取り組む会社という評価も得て、成長し続けている

立石電機・オムロントップとして奮闘中に急逝した長兄・孝雄、そして三男・義雄まで突然帰らぬ人となってしまったが、父・立石一真、そして生みの母と育ての母に、この会社の発展した姿を見せてあげたいと思う。

弟の義雄が社長に就任した時、「兄さんの弔辞は読みませんよ」と私に語り掛けたことがあった。「何てこと言うんだ、おまえは」と笑いながら返すと、「長生きしてくださいね」と言った。義雄らしい憎まれ口だったが、優しさの裏返し表現だった。私が残されその通りになってしまった。

父・立石一真は「最もよく人を幸福(しあわせ)にする人、最もよく幸福になる」という言葉を残した。私も義雄も、この言葉をかみしめ、「人の幸せをわが喜びとする」という信条を実践してきた。弟は「人の幸せづくりをする素敵な生き方をしたい」というのが口癖だった。その言葉通りに実践し、人生を私より速く駆け抜けた。

(羅針盤篇55)

■筆者プロフィール:立石信雄
1959年立石電機販売に入社。1965年立石電機(現オムロン株式会社)取締役。1995年代表取締役会長。2003年相談役。 日本経団連・国際労働委員長、海外事業活動関連協議会(CBCC)会長など歴任。SAM「The Taylor Key Award」受賞。同志社大名誉文化博士。中国・北京大、南開大、上海交通大、復旦大などの顧問教授や顧問を務めている。SAM(日本経営近代化協会)名誉会長。エッセイスト。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<羅針盤>父・立石一真の思い出(上)=2人の母と長兄にも感謝―立石信雄オムロン元会長

オムロンの創業者である父・立石一真に感化を受けその創業理念を後世に残すためにということで、創業者から薫陶を受けた社員の思い出を綴った小冊子をまとめようという動きがある。そこに取り上げられた多くの社員の思い出を読んでいると、父の人物像が読み取れて面白い。

立石信雄
2017年7月9日 9時40分
続きを読む

<羅針盤>父・立石一真の思い出(下)=最もよく人を幸福(しあわせ)にする人が最もよく幸福となる―立石信雄オムロン元会長

オムロン創業者の父・立石一真は多くの「言葉」を残した。今でも折に触れ噛みしめている。中でも『最もよく人を幸福(しあわせ)にする人が最もよく幸福となる』は、東京神社庁の「命の言葉」に選ばれた。

立石信雄
2017年7月16日 10時10分
続きを読む

ランキング