豪紙が「中国国旗侮辱画像」掲載、中国総領事館が公開謝罪要求

Record China    2020年4月23日(木) 12時20分

拡大

22日、シドニーの中国総領事館は、オーストラリアメディアが中国の国旗デザインを加工し、悪意をもって新型コロナウイルスと関連付けたとして抗議声明を発表した。

2020年4月22日、シドニーの中国総領事館は、オーストラリアメディアが中国の国旗デザインを加工し、悪意をもって新型コロナウイルスと関連付けたとして抗議声明を発表した。

同領事館のウェブサイトは22日、オーストラリア・サウスウェールズ州の地元紙デイリー・テレグラフが同日付の記事にて、中国国旗のデザインを改変し、悪意をもって新型ウイルスと中国を関連付けたと紹介。「中国人民の感情を著しく傷付けるやり方だ」として強く非難する姿勢を示した。

その上で「ウイルスの発生源は今なおはっきりしていない。発生源の遡及は複雑な科学の問題だ。同紙のやり方は科学に対する無知や軽視であるとともに、中国人民が払った大きな努力と犠牲に対する不敬だ」と非難した。

さらに、中国の国旗は中華人民共和国を象徴する神聖不可侵なものであり、その冒涜(ぼうとく)は中国や中国人民を冒涜するものであるとし、同紙に対して公開謝罪を求めている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携