Record China

ヘッドライン:

英外務省高官、ファーウェイによる5G限定的参入容認は「確固たる決定」―中国メディア

配信日時:2020年4月23日(木) 23時40分
拡大
英外務省のサイモン・マクドナルド氏は21日、ファーウェイによる同国での5G移動通信網への限定的参入容認について、「確固たる決定であり、議論が再び再開されることはない」と述べた。資料写真。

中国メディアの21世紀経済報道は22日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)による英国での第5世代(5G)移動通信網への限定的参入容認について、英外務省の高官が「確固たる決定」との見方を示したと報じた。

記事によると、英外務省のサイモン・マクドナルド氏は21日、ファーウェイによる5G通信網への限定的参入容認について、「確固たる決定であり、議論が再び再開されることはない」と述べた。

また、「中国は英国にとって非常に重要なパートナーだ」とし、ファーウェイとの戦略的依存関係を維持することの重要性を強調した。

報道によると、米国はファーウェイ排除を求めて英国に圧力をかけていたが、英ジョンソン政権は1月、同国の5Gネットワークの非中核部分の構築にファーウェイの製品を使用することを容認した。ただし、ファーウェイ製品の使用範囲から軍事施設や核関連施設を除外し、市場シェアも35%までに制限するとした。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

英国がファーウェイの5G参入を正式に容認

現地時間1月28日、英国のポリス・ジョンソン首相が召集した国家安全保障会議で、華為技術(ファーウェイ)による英国5Gネットワーク構築への限定的な参入を容認する決定が行われたことが発表されました。ファーウェイの参入が認められたのは、英国5Gネットワーク構築における「非中核的」部分...

CRI online
2020年1月30日 10時35分
続きを読む

ランキング