「人工肉」商品はヒットする?中国のスターバックスとKFC発売へ―中国メディア

人民網日本語版    2020年4月24日(金) 7時40分

拡大

スターバックスとケンタッキーフライドチキンはそれぞれ、人工肉を使った商品を発売すると発表した。

(1 / 2 枚)

スターバックスは22日から中国で植物タンパク質を利用した人工肉を使ったランチセットを新商品として発売することを明らかにした。また、ケンタッキーフライドチキン(KFC)も20日に、植物由来の人工肉を使った新商品「ゴールデンチキンナゲット」発売を発表した。同2社の新商品はいずれも昨年から世界で話題となっている「人工肉」を使っていることは注目に値する。

その他の写真

スターバックスとKFCが「人工肉」を使った新商品を発表すると、資本市場はすぐさま反応し、人工肉関連の中国概念株(中国の企業が海外で直接あるいは間接的に発行している株式)が次々上昇した。

■スターバックスとKFCが「人工肉」関連商品を発売

スターバックスは、人工肉を使ったランチセットを中国の各店舗で22日から発売する。人工肉を生産しているのは、植物由来の人工肉を製造・開発する米国の食品テクノロジー企業ビヨンド・ミートだ。

スターバックスのカスタマーサービスのスタッフによると、発売された新メニューは「新善食」という名称で、新善肉キノコ・穀物、新善肉広東スタイルサラダなど全5種類。今月22日から5月6日まで、実店舗で購入することができる。

スターバックスは現時点では、人工肉を使ったランチセットのサンプルを披露していないのに対して、KFCは人工肉を使った「ゴールデンチキンナゲット」のポスターを公開している。

KFCは20日、公式微信(WeChat)アカウントで、今月20日から22日に、植物由来の人工肉を使った「ゴールデンチキンナゲット」のテスト販売を行うことを発表した。この人工肉は大豆や小麦、エンドウのタンパク質を利用し、コレステロールを含んでいない。つまり、この「チキンナゲット」は、実際にはチキン風味の人工肉となる。大豆タンパクは、一般的な人工肉製品の主な原料となっている。

KFCの人工肉を使った「ゴールデンチキンナゲット」は現時点ではテスト販売となっており、価格は5個入りで1.99元(約30円)。今月28日から30日まで、クーポン券を持っていれば上海、広州、深センの指定の3店舗で購入することができる。

北京朝陽区にある店舗のKFCの店員は「新発売の人工肉を使ったチキンナゲットの北京における販売はまだ予定されておらず、その原料や宣伝グッズなども今のところ受け取っていない。現在、他の都市の3店舗のみの販売で、本社は客の反応を見たいと思っているのだろう」と話した。

■「人工肉」のメーカーが多忙に

スターバックスとKFCが「人工肉」関連の商品を発売したことについて、あるネットユーザーは、「多くのベジタリアンにはいいニュース」や「やっぱり本物の肉がいいな」などの声を寄せている。

実際には、「人工肉」は昨年から大きな話題となっている。2019年5月、ビヨンド・ミートがNASDAQ市場に新規株式公開すると、初日の終値が163%高を記録し、食品業界や各資本の間で「人工肉」に対する注目が一気に高まった。

中国の人工肉メーカー双塔食品と珍肉食品も昨年9月に、人工肉を使った月餅を発売し、瞬時に売り切れとなった。その後、ドリンクショップ・奈雪の茶も人工肉ハンバーガーを試験的に販売し、人工肉関連商品を店舗で発売した初の飲食ブランドとなった。今月17日、中国の植物由来の人工肉ブランド・星期零(STARFIELD)は、宅配ピザチェーン・パパ・ジョンズ・ピザと提携し、人工肉を使った新商品「未来肉ピザ」を打ち出し、中国全土16都市にある約150店舗でデリバリーの形式で発売した。ピザチェーンで人工肉関連商品を発売したのは同社が初めてだ。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策が実施される中、今年2月以降、人工肉関連の中国概念株の価格が上昇の一途をたどり、現時点で上昇幅は約34%に達している。天風証券は、「都市化が進み、農耕牧畜が縮小しているのを背景に、経済発展においてタンパク質摂取のニーズが高まり、加えて豚コレラなどの蔓延、環境保護団体からの圧力などがあるため、代替肉市場の規模は今後急速に拡大するだろう。19年、世界の人工肉市場は約121億ドル規模だったが、25年には279億ドルに達する見込み」と予想している。

■専門家「消費者が受け入れるかは動向観察が必要」

食品産業アナリストの朱丹蓬(ジュウ・ダンフォン)氏は、「スターバックスとKFCが打ち出した『新善肉』や植物性『チキンナゲット』は本質上『人工肉』食品であり、原料は主にエンドウのタンパク質。『人工肉』は、本当の鶏肉や豚肉ではないため、鳥インフルエンザや豚コレラなどがもたらす食品安全リスクを根本的に回避できる。その他、食材が本当の肉類でないため、ベジタリアンに受け入れられやすく、多くの消費グループをゲットできるだろう」と予測する。

そして、「今回、スターバックスとKFCが打ち出したテスト販売により、消費者の反応を集めることができ、中国人の好みに応じて、エンドウタンパクの割合や風味を調整できる。また、肉類の価格が不安定な現在、『人工肉』関連の新商品を打ち出すことでコストを抑え、メニューの差別化も実現できる」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携