金正恩氏重体説、韓国・中国は懐疑的な見方―米メディア

Record China    2020年4月22日(水) 11時30分

拡大

米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは21日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の重体説について、「韓国政府と中国政府は懐疑的な見方を示している」と報じた。

米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは21日、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の重体説について、「韓国政府と中国政府は懐疑的な見方を示している」と報じた。

記事によると、米CNNはこのほど、金委員長が手術を受けて重篤な状態にあるという情報を直接的に知る立場の米当局者の話を引用し、「米政府が状況を注視している」と報じた。

金委員長は11日の政府の会合に出席したが、祖父に当たる故金日成(キム・イルソン)主席の生誕を記念する15日の式典に姿を見せなかったことから、健康状態をめぐる臆測が飛び交い、「金委員長は心臓血管手術を受けて別荘で療養している」「金委員長は脳死状態にある」などの情報も出ている。

記事は、金委員長の重体説について、韓国政府と中国政府は懐疑的な見方を示しているとし、韓国については、韓国大統領府の報道官が21日、「これまでのところ、北の内部で特異な動向は把握されていない」と述べたことや、韓国外交部の高官も匿名で、ボイス・オブ・アメリカの取材に対し、「われわれは金委員長の健康状況を裏付けるものは何も持っていない」と語ったことを紹介した。

中国の反応については、中国共産党の中央対外連絡部が、金委員長は深刻な病気ではないとの認識を示したことや、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官が21日の定例記者会見で、「金委員長の健康問題に関する報道は承知している」とした上で、「その情報源は知らない」と述べたことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携